Pocket

スポンサーリンク

 

もうちょっと離れて欲しいかなぁ...。

 

夫婦で待望の赤ちゃん。愛する夫と可愛い赤ちゃんに囲まれ、最高に幸せな時ですね。でも産後は夫と触れあいたくないと思う妻も少なくありません。

これは、女性特有のホルモンバランスの影響が大きい。なぜなら、女性の体つきや体のリズムなどに密接な関係があるから。

 

愛情で結ばれ、カタチとなって産まれてくる赤ちゃん。それなのに、産後は夫と触れあいたくないと思ってしまう。

夫に嫌悪感を抱く自分にも戸惑いますね。「自分はいったいどうしてしまったのだろう...」と。

 

そんなこととは知らない夫は、産前と同じように、もしくはそれ以上に愛情を注いでくれます。

求めてきても、嬉しくなんてない。むしろ「外でしてきたらいいのに」とさえ思ってしまう...。

 

私がそうでした。

7回の出産経験がありますが、産後数ヶ月は旦那に触れられることが、嫌で嫌で仕方ありませんでした。

 

だんだんと旦那も慣れてきて「今はこんな時なんだ」と受け入れて合わせてくれますが、1人目2人目の時は悩むことも多かったようです。

自分でもコントロール出来ない、この嫌悪感はどこからくるの?またラブラブになる日はくるの?

 

この時期に出来た溝から、夫の浮気や、セックスレスになることもあります。

今回は、原因を知って、産後の触れられたくない時期と上手く付き合っていきましょう。

 

 

夫と産後触れあいたくないのは産後クライシス?

 

産後クライシスってなぁに?

一般的には、感情の起伏が激しくコントロールが難しくなったり、脱力感や夫への嫌悪感がうまれます。そして、産後2~3年くらいの間に急激に夫婦仲が悪くなることを言います。

 

3歳頃までの子供を持つ夫婦の離婚率が高いのも分かる気がしますね。では、何故そうなるのか、お話ししていきましょう。

 

ホルモンの影響

産後はホルモンバランスが大きく変化しています。プロラクチンという、母乳を作り出すホルモンの働きが多くなります。

その結果、母性本能が強くなります。段々と母としての自覚が目覚めてくるのですね。

 

しかし、女でいることより母親でいる気持ちを強くする為、性欲を抑える働きを持っています。

赤ちゃんを守るために、体が変化します。産後のお腹は、風船をパンパンに膨らませて、もう一度空気を抜いて、弛ませたようなもの。

 

すぐに元通りとはいきません。仕方のないことであっても、見られたくない、という気持ちが出て来ます。

産後1ヶ月がたち、医師から夫婦生活が大丈夫と言われても、すぐに受け入れられないことも少なくありません。

 

授乳中は胸も、子供の食料だと位置づけられるので、性の対象になることが気持ち悪く思えます。

膣も、会陰切開をしていなくても、痛そうで怖いですよね。

 

あなたの体も、ホルモンの影響でセックスの感度が下がり、母乳で体内の水分が取られ、濡れにくくなっているのです。

だから、産後に性欲が下がり痛くて感じない、夫婦生活をしたくない、というのは自然なこと。

 

体が受け入れられない、という場合は工夫次第で改善は見込めますよ。

痛くなければいいのに...という方はこちらをクリックしてみてください。



夫が自己中心的に見える

いつも通り仕事に行って、いつも通りに帰って来て、ご飯まだ?と声をかける…ただそれだけなのに。

何気ない行動にもイライラしますね。あなたは24時間昼も夜もなく、泣いては起きる赤ちゃんに付きっきり。

 

新しい生命と向き合っているのに、夫は自分のことばかり。労ってくれるどころか、昼間はゆっくりしてるんだから、と決めつけられる。

夜泣きで迷惑をかけないようにと、気を遣っているのに伝わらない。頼りにしたいのに大きな子供に見える。

 

ちゃんと手伝ってもくれないのに、自分の欲求だけ押し付けないで!と反感を覚えてしまう。

こんなところからも、触れ合いたくないと感じてしまうこともあります。

 

経済的に不安がある

家族が増えることは喜ばしいことですが、学資保険に入ったりと、将来のお金の流れを考える機会も増えますね。

国税庁の平成28年分民間給与実態統計調査によると、平均年収は422万円だそうです。

 

地方の若い世代では、年収が200万円を下回る人も増えています。

このような状況では、ゆっくり子育てをしようとは思えないかもしれませんね。

 

あなたも、早く自分も働かなければ!と焦ったりしていませんか?でも赤ちゃんは、自分の食べ物や服を持って生まれてくると言われています。産後の回復を待たずに無理をしたり、思いつめたりするのはよくないですからね。産後はとにかくゆったりすることが大切です。

 

このように、赤ちゃんのお世話で睡眠不足になるだけでなく、家計の心配が重なって気持ちがふさぎ込んでしまい、旦那様との触れ合いが嫌になることもあります。

 

このイライラはどうすれば良い?

 

とにかく 満足いくまでひたすら寝る。シンプルですが、イライラを解消するためにとってもおすすめな方法です。

というのも、ぐっすりと眠ることをあなたの体が求めているから。

 

もし、可能なら赤ちゃんを夫や親に預けて、時間も家事も気にせずに寝てください。スッキリしたら、イライラもかなり軽減されますよ。

末っ子が産まれた時は、みんなを送り出してから幼稚園のお迎えまでが、寝る時間でした。

 

朝起きて、夜は寝るという常識は当てはまりませんでした。長い人生、たった数年そんな時期があってもいいでしょう。

それと、美味しいものを食べる。産後は食べていいもの・好ましくないもの、いろいろ気を使いますが、食べたいものを食べる。

 

要するに、人間の基本的な欲求に忠実になることですね。そしてもう1つ、旦那様に協力してもらえたら最高です。

例えば夕食の片付けなら、洗い物をする人・食器を拭いて片付ける人と分担したり、赤ちゃんの入浴なら、お風呂に入れる人・あげる人などです。

 

協力してもらうことで、夫婦の共同作業が増えて会話も増えます。そして、旦那様の父性も芽生えてきます。

ただ、あなたの基準を夫に押し付けないこと!やる気をなくして手伝うことが嫌になりかねません。

 

参考:夫婦仲が良い家庭の子供の特徴は?夫婦円満が子供に与える影響は?

 

イライラを止められなくて嫌われたらどうしようと不安な時

どうしても心の整理がつかない時は、焦らないでくださいね。

旦那様も、あなたのイライラにびっくりして、どう接すれば良いか分からない...という状況に悩んでいるかもしれません。

 

だから、体の状況やホルモンバランスのことを、知ってもらう。そして、体と心が回復するまで待ってもらう。

産後クライシスかもしれない、と状況を知ることが大切ですね。

 

あなたは、旦那様と話すことさえ嫌かもしれませんが、言葉以外でのコミュニケーションが難しいからこそ、丁寧に言葉を選びましょう。

あなただけが「産後クライシスかも」と思っているのではなく、旦那様に知ってもらうことも大切です。

 

今はまだ「無理」だと感じていても、すこし時間が必要なだけ。あとあと後悔しないためにも、できるだけ喧嘩はしたくないですよね。

旦那様から愛され続けるために。

 

参考:【セックスレス体験談】レスで人知れず悩んでいるあなたへ

 

✩まとめ✩

 

いかがでしたか?産後、夫と触れ合いたくないというのは、多くの女性が迷い込む一時的なトンネルのようなものなのです。

トンネルなので出口は必ずある。抜け出すまで、焦らなくても大丈夫。

 

そして、よく食べよく眠る。旦那様ができることから協力を求める。

その努力の積み重ねが、トンネルを抜けた時、夫婦間の溝ではなく絆を深めてくれることになります。

 

あなただけではありません。私も同じでした。だからあなたにも、もう1度旦那様と触れ合える日が訪れると信じています。

心身ともに回復するには、時間が必要ですが旦那様と情報を共有しながら、あなたが心穏やかに過ごせるように願っています。

 

読んでくださりありがとうございます。⇩ポチっと応援して頂けたら嬉しいです。

 

にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ

にほんブログ村

 

結婚生活ランキング

スポンサーリンク

Pocket