Pocket

スポンサーリンク

   

 

一生独身がいい!だって自由だもん!

これ、娘がよく言います。でも、親としてはちょっと複雑ではありませんか?

 

娘の選ぶ幸せを応援したい!でも、「可愛い孫」という存在に会ってみたい...。今はまだ小さな子供たちもいつかは親元を離れる日がやってきます。その時に、結婚ていいよ!と伝えたいなと思いました。

 

あなたにとって、結婚して良かったことはなんですか?私は常に安心感があることです。

どんな物事でも良い面・悪い面持ち合わせているものですよね。今回は、メリットを中心にデメリットもあわせてお届けします。

 

 

結婚のメリット!経済的になる。

 

生活に必要な支出が減る。

共働きであれば、単純に収入源が2つになりますね。なおかつ一緒に住めば、大きな支出である家賃が1人分減ります。

ガス・水道・電気といった生活に必要な支出が半分に抑えられるので、お財布に優しいと言えるでしょう。

 

家賃を払っているつもりで貯金をすることもできますね。毎日のお昼ご飯がお弁当になれば脂っこいものが減り、健康面でも金銭面でもプラスになります。

 

また、待ち合わせる必要がなくなる為、交通費や移動時間も減らすことができます。ただし、だんだんと新鮮さは薄れていきます。

とはいえ、サプライズなど工夫次第で、いつでも新鮮な気持ちは蘇らせることができるので心配はないでしょう。




サプライズに写真ケーキは如何でしょうか?

税金が優遇される。

妻の収入が条件を満たしていれば、旦那様の所得から扶養控除や配偶者控除が使えることがあります。

控除を受けることによって旦那様の所得が少なくなり、そこにかかる税金も抑えることができるのです。

 

生命保険でも配偶者という立場にはメリットがあります。もし旦那様に万が一のことがあれば、非課税枠があるのでまるまる受け取ることができます。これがもし贈与なら贈与税が必要なのです。

 

しかしながら、生命保険の場合はあまり嬉しいことではありませんね。配偶者に安心を残せるという意味では大きなメリットになります。

 

結婚のメリット!安心感がある。

 

なんといっても、大きなメリットは安心感が得られることです。

いちばん近くで味方になってくれるのですから、この安心感に勝るものはないと言ってもいいでしょう。

 

ひとりでは抱えられないような不安で心細い時、なーんにもしたくないと心が疲れてしまった時、自己嫌悪でやけ酒したい時。

また、親の介護や、身内の不幸は予期せずやってくるし、分からないこと・新しいこともその都度あります。

 

何歳になっても知らないことはありますね。手続きがあっちもこっちも必要となれば慌てることもあるでしょう。

こんな時に大丈夫と言ってくれる人がたった1人いるだけで、どれだけ心強いか簡単に想像ができるのではないでしょうか。

 

また、家を買うことや子どもを育てるなど、長期的な視野が必要になる目標も、ふたりで頑張ることで仲間意識も芽生えます。

たとえインフルエンザで寝込んでしまっても、時間がくればご飯があるし薬も出してくれます。

 

ひとりなら、動くのが辛ければひたすら寝たままですよね。

元気な時はなにも感じなくても、心や体が弱っているときに存在感と愛情の大きさを存分に感じ取ることができるので安心です。

 

そして、女性は古来からコミュニティの中で生活をしてきたので、共感能力に長けています。

自分が共感することも得意ですが、それよりも話を聞いてもらって共感してもらうことに大きな安心を感じられるのです。

 

反対に、男性は古来からハンターとして孤独に獲物と戦ってきたので、共感ではなく素早い結論を望みます。このポイントを夫婦で知っていなければ、話を聞いてもらえない女性はイライラするし、オチのない話につき合わされる男性もイライラすることになるのです。

 

ポイントを押さえて、デメリットではなくメリットとしてとらえたいですね。

 

結婚のメリット!家族ができる。

 

彼氏ではなく、家族です。ふたりで過ごしていくこともできるし子どもを育てることもできます。

もちろん育ててくれた家族も大切な家族ですが、 新しく自分で家族を作っていくことができるのです。

 

結婚をしなくても、子どもを産み育てることはできますが、まだまだ世間の目は厳しいと言えるでしょう。

相手に対する責任が増えて別れにくいというのはデメリットかもしれませんが、ひっくり返せば安心感につながります。

 

一生付き合っていきたいと思った相棒を見つけたのですから。

同じ立場になって初めて分かることもあるので、より一層、親に対する感謝ができるようになります。

 

子どもを通じてでしか経験できないこともあるので、人生の幅を広げることができるでしょう。

反対に、子どもがいることで制限されることもありますが、子供の成長とともになくなります。

 

☆まとめ☆

 

いかがでしたか?今回は、結婚のメリットとデメリットについてお届けしました。

ふたりでいることの良さをしっかりと自覚して、まずは自分が幸せになりましょう。

 

きれいごとでは片付かないところも、家だけの習慣も、人としての味わいを作ってくれます。

そして、いつか大切な子どもにも、結婚の良さを伝えてあげられたら素敵ですね。

 

ここまで読んでくださりありがとうございます。ポチっと↓応援してくださると嬉しいです!

 

にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ

にほんブログ村

 

結婚生活ランキング

スポンサーリンク

Pocket