Pocket

スポンサーリンク

   

 

幸せになりたい!と結婚して始まった夫婦としての生活。幸せだと思っていたことが今ではあたりまえの日常になってるなぁ。

思い描いていた通りの生活で、幸せな日々を過ごしていても、慣れてくれば少しずつ新鮮味が薄れて『あたりまえ』と変わっていくもの。

 

子どもが産まれると夫婦の時間が減り、子どもとかかわる時間が増え、夫婦で自由に使えるお金が減り、子どもに必要なお金に変わります。

生活リズムが変わったり、気持ちのバランスが変わるなかで、夫婦が円満に長く一緒に過ごそうと思えばお互いの心がけが必要で不可欠。

 

今回は、そんな夫婦円満になるために、幸せそうな夫婦の特徴をお話しします。

 

 

夫婦円満!幸せそうな夫婦の特徴は○○が多いこと!

 

幸せそうに見える夫婦は共通して、あることが離婚に向かう夫婦より多い傾向にあります。その特徴を知り真似をすることで、知らず知らずのうちに夫婦円満に近づくことができるものです。

 

そうであるならば、真似をしない理由はないでしょう。簡単に意識できることばかりなので、ぜひすぐに取り入れてみてくださいね。

 

仲良しな夫婦は相手を思いやることが多い。

「思いやり」 とはその人の身になって 考えること。察して気遣うこと。とあります。常に、考えるベクトルが相手に向かっている状態だといえるでしょう。

たとえば、家族団らんの時間に「コーヒー飲みたい!」となった時に自分の分だけ入れるのではなく「あなたは?」と聞くことができる。

 

たとえば、「コンビニにアイス買いに行こう!」となった時にコソッと外出するのではなく、「行ってきます」と出ることを伝えて「あなたは?」と一緒に買うものがあるかどうか聞くことができる。当たり前かもしれませんが、とても大事です。

 

夫婦関係が長くなると、きっと「いらない」と返事が返ってくるだろうと勝手な予測をたてて、声をかけなくなったりすることがありませんか?

「今日はお願い!」と言いたい時もあるかもしれません。返事がどうであれ、声をかけること自体が思いやりをカタチにしたもの。

 

なにか行動をするときに、「あなたは?」と常に相手に矢印が向いているか確認するといいですね。

旦那様にとっては「気遣ってくれているんだな」と実感できることはとても嬉しく、愛情を感じるところでしょう。

 

なにかのタイミングで夫婦で贈りあうプレゼントに迷ったときのランキング!定番から面白いものまで」にあるように、プレゼントという形にすると気持ちが伝わりやすくなりますよ。

 

仲良しな夫婦は会話を含めスキンシップが多い。

昼休みに用事がなくても電話がかかってきたり、仕事が終われば「終わったー!1時間後には家に着くよ」など、こまめな連絡がくることが多いです。用事がないのに電話があると、面倒に感じることもあるかもしれませんね。

 

でもこれは、声が聞きたいという気持ちの表れ。「お疲れ様」と優しくねぎらう言葉をプレゼントしましょう。

たとえば、「ご飯いらない」とか「8時に帰る」など事務的な連絡・報告だけで素っ気ない時も、可愛らしい返信を心がけます。

 

旦那様が素っ気ない文面だからといって、あなたも素っ気ない返事をしないこと。

なぜなら、自分が送った内容に大切な要件は伝えているので、素っ気ないなど考えることもなく、正しいと思っていることがあるからです。

 

そうなると、旦那様は素っ気ない返事に寂しいと感じるようになり、外に癒しを求めることがあります。お互いにイライラが増えることにもなりかねません。だから、夫婦でなんてことのない会話ができるのは素晴らしいということ。

 

円満な夫婦は、LINEや電話も含めてのスキンシップやコミュニケーションが多いといえるでしょう。

 

仲良しな夫婦は「ありがとう」と感謝を伝えることが多い。

「愛してる」は自分の気持ちを伝える言葉ですが、「ありがとう」は感謝を伝える言葉です。夫婦関係を円滑にする最強の5文字。

ありがとうと言われて不快になる人は少なく、嬉しいあたたかい気持ちになるほうが多いですよね。

 

出し惜しみして使わないともったいないということ。言わなくても分かってくれていると思いがちですが、そんなことは絶対にないと強く言えます。

分かっていても言葉にされないと不安にもなるし、「ありがとうもない!」と不満がたまる原因になってしまうのです。

 

今あるものすべては「あたりまえ」ではありません。地震や台風、事故など健康であっても一瞬で世界が変わることがありますね。

「元気でいてくれてありがとう」「仕事を頑張ってくれてありがとう」「一緒にいてくれてありがとう」まずは、存在していることに感謝してみませんか?

 

「べつに感謝することなんてないわ」ではなく、突然の『まさか』に後悔しないためにも小さな「ありがとう」の積み重ねは大切なこと。

褒められたり、存在を認められることも旦那様にとっては嬉しいことです。感謝と同じように言葉で伝えてみてください。

 

ありがとうの後に「嬉しい!」「助かった!」など、ほんの一言くっつけるだけで具体的な感謝になり、受ける印象は大きく変わります。

笑顔を添えれば最高ですね。もしかしたら、照れたりビックリしたりする旦那様の一面が見れるかもしれません。

 

普段から、伝えているつもりでも意外と伝わっていないと感じることもあるのではないでしょうか。

このように「ありがとう」だけではなく、たった一言の感情をのせることで具体的に伝わります。

 

そしてきっと、旦那様の喜びはあなたの喜びとなって返ってきますよ♡

 

参考:レスは辛い!セックスレス解消のきっかけに!女の自信も取り戻したい!

 

☆まとめ☆

 

いかがでしたか?今回は夫婦円満で幸せそうな夫婦の特徴をお届けしました。

習慣になれば、知らず知らずのうちに夫婦円満への近道を歩むことになります。

 

日々の生活にうるおいを与えるエッセンスとして、思いやりの心・スキンシップ・感謝を伝えること。

これは、夫婦円満で幸せそうな夫婦の特徴3つですね。

 

意識すれば簡単にできることばかりなので、あなたもすぐに取り入れてみてくださいね。

言葉の力を味方につけて、幸せな夫婦のカタチが続きますように!心から応援しています。

 

参考:旦那の本心が知りたい!自分の気持ちを言わない夫の心理とは?

 

ここまで読んでいただいてありがとうございました。

もしお役に立てたなら⇩ポチっと応援して頂けたら嬉しいです。やる気スイッチON!

 

にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ
にほんブログ村

 


結婚生活ランキング

スポンサーリンク

Pocket