Pocket

スポンサーリンク

    

 

結婚記念日をなんかい数えたかなぁ?夫婦げんかもあるけど、絆が深まっていってると思うと嬉しいな!

旦那様との絆が強ければ、どんな逆境でも、頑張って乗り越えられる気力がわいてきますね。

 

しかしながら、ただただ時間が流れていくだけで自然と絆が深まる、というものではありません。共有する時間や内容が大切になってくるのです。

共働きで平日はスレ違いばかりであっても、絆が深く仲の良い夫婦もいるし、毎日定時上がりで、遅くても7時には家族そろうという家庭であっても、仲の悪い夫婦もいます。

 

この両方の夫婦の違いはなんでしょうか?

結論から言うと、挨拶を大切にしたり、些細なことでも報告や相談など、コミュニケーションをしっかり取ることです。

 

おじいちゃんとおばあちゃんになっても、夫婦で仲良くお茶を飲んだり買い物に出かけたりしたいなぁ、と思う夫婦は少なくありません。一段ずつ積み上げて未来までの道を作ることがポイントになります。今回は、夫婦の絆が深まる時についてお届けします。

 

参考:夫婦間の愛情を取り戻す方法とは?あわせて自分の自信も取り戻したい!

 

 

夫婦の絆が深まるとき5選!

 

困難に立ち向かう時

結婚してから不妊かも?と気づいて長い期間悩むご夫婦も少なくありません。旦那様が長男や一人っ子なら、かけられている期待も大きなものかもしれませんね。周りからの悪気のない「まだできないの?」に人知れず泣き、焦る苦しみは本当に辛いことでしょう。

 

そんな時の旦那様からの言葉は心強く、「もし子どもが産まれなくても、夫婦でいて良いんだ」と安心を感じられるのではないでしょうか?。

せっかくおなかに命が宿っても、流産というカタチで満足に抱きしめてあげられないこともあります。

 

自分を責めたり、悲しみから自暴自棄になったり、旦那様にキツくあたることもあるかもしれません。

それでもじっと静かに、悲しみを受け止めてくれる旦那様に感謝できるようになったら、きっと、一生ついていこうと心から思えるのではないでしょうか?

 

苦しみには違いないですが、乗り越えられない試練はやってこないと言います。きっと、旦那様との絆を深めるために必要なステップだったはずです。

どうか、自分を愛することを忘れないでくださいね。

 

子どもと関わる時

父親と子どもが遊んでいる姿をみると微笑ましくなるのは私だけでしょうか?

「この子は最近こんな遊びが好きだよ」と伝えたり、「どんな習い事させよう?」と相談することで、コミュニケーションがひろがります。

 

子は鎹(かすがい)と言いますが、子どもを通じて絆も深まっていきますね。

進路について考える時、不登校・万引きなど行動が心配な時など、父親としてピシッと言ってほしい場面が多かれ少なかれ必ずあるでしょう。

 

子どものことを思って、厳しいことを言わなければいけない時があります。いつも接していてガミガミ言うことの多い母親が怒ると「また言ってる」と子どもに響かないですよね。普段は子どもと関わりが少なくても、父親の威厳を借りたいもの。

 

普段は関わることがなかったり寡黙な父親が話をするからこそ、響くことがあるのです。また、女性は感情的になりやすいので、怒っている理由に関係のないことまで持ち出して、しつこく怒って話が長くなり「結局言いたいことが伝わらない」ということがあります。

 

その点男性は、理論的なので論点をずらさずに肝心なポイントを伝えられます。真摯に子どもと向き合う姿を見て、「普段はあまり興味がなさそうなのに、ちゃんと考えてくれてるんだ」と分かり、絆を強めてくれます。

 

夢を叶える時

マイホームをもちたい!という憧れに向けて、「2人で頑張ろう」と夢を語ることで愛情のみならず、「仲間意識」のような気持ちが芽生えます。

ローンは長い道のりで、一緒に節約したり、家具を選んだりと共同作業が多いので絆もうまれます。

 

資格をとりたい!と夢の応援したり、されたりも結婚して子どもがいると一人ではなかなか難しいと言えます。だからこそ、いろんな面でサポートしてくれるパートナーに感謝がわいてきて絆を感じます。

 

お金がないとき。

旦那が生活費をくれないとか、嫁がお小遣いをくれない、とかではありません。「明日はどうやって子どもにご飯を食べさせよう?」と食べることを心配するくらいの貧乏です。

 

お金がないって、本当に辛いですよね。そこで、2人のお金に対する価値観が違うと腹立つこともでてきます。

口をひらけばケンカになってしまう時もあるでしょう。

 

「お金がないから質素なお弁当になるよ、ごめんね」って言ってるのに、「そんなの嫌だ」とか、「ごめんだけど今日はお昼なにか買ってくれる?」って500円渡したら、「せめて1000円」て言われたりとか。お金がないのにタバコは買う、とかね。実を言うと、これは昔の我が家です。

 

でも1人では踏ん張れないことも、2人で協力するから乗り越えられるのです。価値観の違いもすり合わせて近づけることができますよ。

 

入院の時。

家族の誰かが入院すると、ぐっと家族の距離が近づきます。同じ人のことを思って気持ちがひとつになること、家事や育児も協力せざるを得ない状況になること、などが理由ではないでしょうか。

 

小さな子どもの入院は付き添いが必要な場合が多く、家と病院が近くてもあれもこれもと担うことはかなり大変です。

そんな時の旦那様の存在は、本当に心強く頼りになるものでしょう。

 

自分が入院になってしまうと動けないことが、家族に申し訳ないような気持ちになって、精神的にも弱ってしまいます。

お見舞いに来てくれたり、普段はしない家事を頑張ってくれる旦那様に、「この人しかいない」としみじみと感謝が沸き上がってくるのではないでしょうか。

 

旦那様も大変ながら、日頃どれだけいろんな事をしてくれているのかを感じて「妻への感謝」を再確認するでしょう。

お互いの存在の大きさを感じられて、いっそう絆を強めることになります。

 

我が家では三女と次男が、それぞれ1歳頃のときと3歳頃のときに、しばらく入院したことがあります。付き添いの食事は売店で買うのですが、たまに旦那がお弁当を作って持ってきてくれることが、とても嬉しく楽しみでした。

 

お重箱のふたを開けたら1段目に「納豆!」という斬新なアイデアのお弁当には大爆笑でした。

 

参考:旦那の愛情チェック!愛されてる実感がなくても愛情を確かめる方法とは?

 

☆まとめ☆

 

いかがでしたか?今回は、夫婦の絆が深まるときは「こんな時!」ということについてお届けしました。

日々一緒に過ごすだけではなく、コミュニケーションをとりながら大小さまざまなハードルを飛び越えるからこそ、絆は深まっていくのですね。

 

どんなことでも未来へ続く階段を作っていると考えて、日々を楽しめるといいですね!ふと立ち止まって、振り返ったときには、太くて丈夫な絆ができていることでしょう。ぜひとも、誰も入り込むすきなどない、夫婦の絆を作ってほしと願っています。

 

参考:旦那との相性占い♡人知れず悩む日々はもうイヤ!愛と自信を取り戻すには?

 

ここまで読んでいただいてありがとうございました。もしお役に立てたならやる気スイッチを⇩ポチっと応援して頂けたら嬉しいです。

 

にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ

にほんブログ村

 

結婚生活ランキング

スポンサーリンク

Pocket