Pocket

スポンサーリンク

    

 

結婚すれば当たり前に幸せになるもんだと思っていた。どうしてうまくいかないんだろう。

良かれと思ってしたことが裏目にでた時などは虚しくなってやりきれない。

 

もしかしたら、あなたは会話をしていないのではありませんか?

3組に1組が離婚するといわれ、その理由に「性格の不一致」をあげる人は少なくありません。

 

しかしながら、同じ環境で育ってきた兄弟姉妹でも、ひとりひとり性格は違うので、夫婦の性格の違いは当たり前。

それなのに、受け入れることができないのはどうしてだと思いますか?

 

それは、会話をしていないから。どうしてもうまくいかない時はあるでしょう。でも、相手を知ることでうまくいくこともあるのです。今のままでは、夫婦の時間に意味を感じられず、離婚を考えるようになります。

 

今回は、『会話をしていない』とはどういうことなのかをお話しします。

 

 

夫婦関係がどうしてもうまくいかない!会話の特徴は?

 

人の話を聞かない

会話ができない人は、とにかく人の話を聞きません。自分の言いたいことばかり話を続けます。自分は話をしているので会話をしているつもりになっている。疲れて帰ってきた旦那様にダラダラと1日の流れを話していませんか?

 

「今日は幼稚園に連れて行ってから、ママ友とパスタを食べに行ったよ。そのあと市場で買い物して、お迎えに行ってそれからまた買い物して、それからね。。。」

 

生物学的に男性脳と女性脳の違いもあるのですが、聞いている旦那様にとっては「結局なにが言いたいんだろう?」と、なりますね。ずっとアンテナを張っているのは、疲れた体にはかなり辛いものです。

 

そして聞かないと同時に、せっかく旦那様が「パスタ何食べたの?」「いいお店だった?今度は一緒に行こうよ!」と気を遣って返事をしても、素っ気なく返すことが多いです。

 

「さっき、言ったよ!聞いてなかったの?」とか、「うん、それより続きなんだけどね」というように。

だから、余計に相手を疲れさせてしまう。これは、会話を楽しむのではなく、一方的に報告をしているだけ。

 

自分が気持ち良く喋りたいから、せっかくの会話のパスも素っ気なくなるのです。つまり、会話ではなく演説。

旦那様が話そうとしても、止まらないことが多く、「負けてなるものか」とばかりにかぶせて自分の話を続けます。

 

ひたすら話して満足したら、「さぁ、そろそろ寝よう」なんて平気で言います。まだ旦那様がご飯の途中であっても。「今日あなたはどうだった?」と聞くかわりに、「まだ食べてるの?早くしてね」と怒ることもあるかもしれませんね。

 

このように、相手の心を閉じ込めてしまうので気持ちを知ることができません。2人で決めたい大切なことや子どものことも勝手な思い込みで、「いつもと同じだろう」と先回りして行動してしまいます。

 

悪気はなくても、勝手に決められた旦那様は面白くありません。「たまには違う選択を」と思ってもできなくなります。

人の話を聞かないので、相手のことを知ることができずに、知ったつもりで接するからうまくいかない。

 

旦那様との時間を共有していると自覚して、結論から話したり会話のキャッチボールを意識するなど、話し方を工夫するといいですね。

上から目線である

コンプレックスの裏返しなのか、話し方の癖なのか分かりませんが、上から目線で話して知らないうちに反感を買ってしまうことがあります。

 

普段の食事でも、「おかわり入れてあげようか?」「お茶入れてあげようか?」など使っていませんか?

『あげる』とつくだけで偉そうですね。わざわざしてあげる、ということになると恩着せがましく聞こえるのです。

 

そんな時は事実だけ伝えるといいですね。「おかわり入れようか?」「お茶入れようか?」という具合に。

なにか相談された時「あなたには無理に決まってる!」なんて、否定的な上から目線の答え方も要注意です。

 

あなたが経験したことではなく思い込みでの否定なら、旦那様との間に大きな壁を作ることになるかもしれません。

否定的な言葉をできるだけ避けて、前向きな言葉に置き換えるといいですよ。

 

「無理に決まってる」ではなく、「やってみたら?」や「意外といいかもね!」など本心では無理だと思っていても、背中を押してください。応援してほしくて相談しているなら、あなたの一言が勇気になるでしょう。

 

あなたが無理だと決めるのではなく、本人がやってみたうえで気づくことが大切なのです。

ただ上から目線で否定するだけでは、「せっかくの機会を奪われた」とわだかまりになってしまいます。

 

毎日使い、人と人をつなぐ言葉ですが、相手にどのように伝わるかまで考えて話す人は多くありません。なぜなら、ほとんどの人が、自分の伝えたいことをベースに話をするから。

 

夫婦関係がうまくいかない時は、まず相手のことを考え、そして言葉遣いを変えましょう。

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。(マザー・テレサ)

 

考え方を変えれば言葉が変わり、言葉が変われば行動が変わる。そして気がつけば、『うまくいかない習慣』はなくなり性格や運命まで変わっていく。

 

小さな習慣を変えることで大きな運命まで変わっていくとなれば、努力しない理由はないでしょう。

善は急げ!明日からと言わず、今から意識してみてくださいね。

 

参考:旦那との相性占い♡人知れず悩む日々はもうイヤ!愛と自信を取り戻すには?

 

✩まとめ✩

 

いかがでしたか?今回は、夫婦関係がうまくいかない時の会話の特徴をお届けしました。相手を知れば、嬉しいことや嫌がることが分かります。細やかな情報をつかむためにも「聞き上手」であることは必要なこと。

 

うまくいかない時こそ、しっかりと聞いて会話を楽しむように心がけてくださいね。会話が弾むと楽しいので、旦那様の帰りが早くなるかもしれませんね。笑顔も増えてうまくいきますように。

 

あなたは家庭の中の太陽です。あたたかい言葉で旦那様の心を照らしてしまいましょう!すべてはうまくいく!

 

参考:夫婦間の愛情を取り戻す方法とは?あわせて自分の自信も取り戻したい!

 

ここまで読んでいただいてありがとうございました。もしお役に立てたなら⇩ポチっと応援して頂けたら嬉しいです。やる気スイッチon!

 

にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ
にほんブログ村

 


結婚生活ランキング

スポンサーリンク

Pocket