Pocket

スポンサーリンク

 

夫との関係を修復したいと思っているあなた。修復を成功させるためのきっかけや、方法があれば、知りたいと思いませんか?

結婚生活が長くなると、何もかも出会った頃のままとはいきませんよね。良くも悪くも変化があるものです。

 

最近では3組に1組が離婚するというデータもありますが、「もう少し夫婦関係を円滑にしたい」と思って、カウンセリングに通う方も少なくありません。

でも、このように情報を探そうとしている時点で、あなたも大きな一歩を踏み出しているといえるでしょう。

 

というのも、ほとんどの人が現在の状況に対して、不平不満や愚痴しか言わず、自分で状況を変えようとはしないから。

いつもと同じ朝を迎えて、仕事に家事に育児に追われ、また夜が来て今日と同じ、いつもの朝がくる...。

 

「いつもと同じ」は幸せなことですね。でも、何かを変えたいなら「いつもと同じ」ではだめ。

いくらお金を払って時間をかけても、「いつもと同じ」では何も変わりません。きっと、あなたも気づいているでしょう?

 

妻

私は結婚生活17年が過ぎましたが、子ども達に冷やかされるほど今も仲良しです。でも、長い間には離婚届を手にしたこともありました。

 

夫

あの頃は仕事が忙しくて、ちゃんと話す時間もなかったね。いつも機嫌が悪いみたいだったし。どうしていいか分からなかったよ。

 

妻

私の場合は、子供が産まれてからすれ違うようになり、離婚は望んでいないものの、自分の気持ちが冷めてしまったのです。

 

そうなると、見えてくるのは夫の欠点ばかり。永遠の愛を誓ったことなどなかったかのように、存在そのものが嫌になってきます。

なぜ修復が成功したのか、どんなきっかけだったのか、体験も交えながら紹介します。

 

 

STEP1 客観的に自分を見よう

 

あなたは、子供や親のために「離婚はしてはいけない」、離婚後の生活が不安だから「離婚はしてはいけない」と、思っていませんか?

この「してはいけない」という気持ちが、実は曲者。

 

後ほど解説しますが、まずは、今の自分の気持ちを整理しましょう。

何でもいいので、紙と書くものを用意してください。そして、今の夫への気持ちを書いてみましょう。

 

妻

私の場合は自分が冷めていたので、お弁当作るの面倒くさい、一緒に寝たくない、会話をしたくないなど、たくさんありました。

 

次に、実際に離婚を選択するなら何が、どのように変わるのかを出来るだけ具体的に書き込んでください。

親権や養育権は?財産分与は?住む家は?保育園は?など、思いつくだけで大丈夫です。

 

私が書けたのは、「実家に帰って、母に子供を預けて仕事をしよう!」ということくらいでした。

最後に、夫があなたへしてくれていることを書いてみましょう。健康でいてくれる、仕事に行き給料を持って帰ってくれる、子供と遊んでくれる、などです。

 

書けましたか?もちろん書かなくても良いですよ。

でも、改めて文字にすることで、新しく気づくことがあるのでお勧めです。

 

あなたは、夫が健康なことや、働くことが、当たり前だと思っていませんでしたか?

当たり前って、実はすごいこと!

 

そして、離婚しても生活ができそうだとイメージ出来ましたか?

御守り代わりに離婚届を手にいれましょう。

 

え?夫婦関係を修復したいのに何故?

そうです。いつでも出せる!という安心感が得られます。

 

妻

私の場合は、もう離婚する、と我慢できなくなった時に取りに行きました。その時はそれで良しとします。

 

また次2回目に離婚だ...と思った時に記入します。その時はそれで終わり。ちょっとずつ進んでみましょう。ただ、1つだけ注意点があります。

書き出した紙も離婚届も絶対に夫に知られてはいけない。

 

だって本心は違いますよね。全力で夫婦の絆を修復したいのだから。

この行動に何の意味があるのかも解剖していきましょう。

 

参考:【夫婦関係が修復できる】夫婦関係の修復に疲れた時に欲しいきっかけとは?

 

STEP2 執着を取ろう!

 

「先の見えない不安」という言葉があるように、状況が変わって変化に対応出来ないかもしれない、と考えるから不安なのです。

こうすればこうなる、こんな可能性がある、とイメージして先の見通しが立つと安心できるのではないでしょうか?

 

また、文字にすることで当たり前だと思っていたことが、そうではないと気付き、感謝に変わることもありますね。

相手に原因がある思っていたことが、実は自分にも原因があって反省が必要だと感じた部分もあるかもしれません。

 

このように、感情を入れずに客観的に見ることがとても重要。

そして、思い切って離婚届をもらいに行くという行為は、出さないことが前提とは言え、簡単に出来ることではありません。

 

コッソリ心の中では覚悟しましたよね?これで、夫婦関係を修復しないといけないという執着が消えるわけです。

自分の気持ちを、ありのまま受け入れてあげましたね。すると、夫のこともありのままで良いと、受け入れられるようになってきませんか?

 

執着がなくなると心が楽になり、楽になると気持ちに余裕が出来るので見え方が変わるのです。

 

あなたが変われば、相手が変わる。

自分が変わる、ということがポイント。

 

そして、あなたではなく夫の心が冷めているのならば、夫が何を望んでいるのかを考えてみて下さい。

必ず執着は捨てて、客観的に考えるように心がけましょう。先に相手を変えようとしてはいけません。

 

冒頭で曲者だとお話した、「離婚をしてはいけない」という考え、これもまた執着になるわけです。

そして「~してはいけない」という禁止は、ストレスを感じることになり、解消するために「どうしてもやりたくなる」という性質があります。

 

カリギュラ効果と呼ばれるもので、「見てはいけない」と言われると逆に見たくなり「見てしまった」という経験は、あなたもあるのではないでしょうか?

「離婚はしてはいけない」と思うあまり、自ら離婚を選択しようとしていたということ。

 

離婚届を手にした時に、その暗示が解消されるのです。

 

参考:夫婦の復縁を叶えたい!相手の気持ちは占いで分かる?もう悩みたくない!

 

STEP3 信頼できる人を頼ろう!

 

どんなに頑張っても無理なこともあります。

ピアノを弾く場合、”ドレミの場所も分からないのに、ショパンが弾ける”なんてことがあるでしょうか。

 

普通はあり得ませんよね。

「どうしても自分で演奏したい!」となれば専門の先生に教えてもらって、練習をするのではないでしょうか?

 

なぜなら、確実でいちばんの近道だからですよね。このように、物事にはすべてやり方があるものです。

やり方が間違っていたら、どんなに頑張っても絶対に目標には近づきません。

 

どう頑張っても無理...。もう疲れた。

もしあなたがこのように感じているなら、諦める前にお伝えしたいことがあります。

 

それは、いま悩んでいるということは方法が間違っている可能性があるということ。

あなたにも1日も早く、近道をして欲しいから。

 

もしも、夫婦関係が修復できなかった場合、働いても給料で報われず、さなぎから蝶に変わるような大きな成長を遂げる、子どもとの時間をけずってもいいのですか?世間の偏見の目に耐えながら、自分のことを後回しにして我慢を続けるのですか?

 

きっと、そんなお母さんを見ている子どもも疲れてしまいます。

なぜなら、「自分のせいで、お母さんが大変だ。ごめんね。」と感じてしまうことが少なくないからです。

 

だから、あなた自身の目で確かめてください。

詳しくは復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法を読んでみてくださいね。あなたの役に立つと信じています。

 

手にすることで、人生においてもう2度と、夫婦関係で悩まなくてもいい安心感を得ることができるでしょう。

 

✩まとめ✩

 

冷静に現状を見つめ、執着から解き放たれたあなたが、次にすることは何でしょうか?夫婦間のことなので夫と共有する必要がありますね。向き合う勇気を持って、謝ることに気づいたのなら素直に謝り、当たり前ではないと気づいたのなら素直に感謝を伝えましょう。

 

妻

私はまず、夫に対する冷たい態度を謝り、子供たちのことで手一杯な現状と、当たり前ではないと気付いた感謝を伝えました。

 

夫

どうしていいか分からなかったから、嫌われてないと分かり涙が出るほど嬉しかったよ。

 

あなたが、今の状況に感謝してありのままを受け入れたなら、夫婦関係の修復は成功しているといっても過言ではないでしょう。

変わるきっかけは自分で作るもの!あなたの未来に幸あれ!!

 

参考:夫婦関係が修復できる!夫婦関係の修復に疲れた時に欲しいきっかけとは?

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。

⇩ポチっと応援して頂けたら嬉しいです。

 

にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ
にほんブログ村

 


結婚生活ランキング

スポンサーリンク

Pocket