Pocket

スポンサーリンク

 

一生懸命に努力してるのに、旦那からの愛情表現が分からず、愛されてる自信が持てない。

旦那は自分のことをどう思っているのだろうか。好きでいてくれてるのかチェックしてみたい...。

 

夫婦としての生活が長くなると、可もなく不可もなくという感じで、仕事一筋の旦那様であったり、子ども優先な旦那様であれば、愛されてるのかと不安になることがあります。

 

その不安をそのままにしていたら、職場や学校のPTAなどで優しくしてくれる誰かがいたら、フラッとときめきませんか?

でも、外に求めたところで癒されるものではありませんよね。

 

取り返しのつかないことになる前に、どうしたいのか自分の気持ちと向き合って、どうすればいいのか考えてみましょう。

決して、分かりやすい愛情表現をくれる誰かで代用したいわけではないのだから。

 

旦那様の愛情が分からないなら、じっと行動を見つめてみましょう。

素っ気なく見えても、実は愛情の裏返しだったり、ただ口下手なだけだったりすることが多いです。

 

思い返すことが気付きにつながり、「あぁ、私はちゃんと愛されてる」という実感と安心につながります。

見えるカタチがなくても夫婦として生きてきた分だけ、ちゃんと絆も育っています。心配しなくても、大丈夫ですよ。

 

もともと男性は、自分の気持ちを素直に伝えることが苦手な方が多いですが、どのような行動に愛情表現が含まれているのか解剖していきましょう。

 

 

もう不安にならない。旦那に愛されてる証拠はこれ!

 

女性が求める愛情表現といえば、ストレートに「愛してる」と言われたいとか、こまめにプレゼントが欲しいなどですが、これらは男性がしている表現と一致するとは限らないものです。

 

ここぞという記念日や誕生日に惜しみなく「ドーン!」と1年分の愛情表現をして、「これでまた来年まではしなくても分かってくれてる」と考える男性もいる。

 

だから、「愛してる」という言葉もなければ、こまめなスキンシップもない...。と不安にならなくても大丈夫。

次に、こちらも旦那様からの愛情表現だといえる事例です。「アイシテルはないけど、これならある!」ということがあるはずなので読んでみてください。

 

好きなことをさせてくれる

あなたの夢や目標を応援してくれたり、好きにしていいよと、寛大に送り出してくれます。そんなこと夫婦として当たり前だと思うところですが、実はあなたを信頼している、大好きだという気持ちが行動になったもの。

 

自分への愛情がないから自由にさせてくれると思っていませんか?

束縛がなさすぎて寂しい、という気持ちはあるかもしれませんが、「好きにしていい=興味がない」というわけではありません。

 

家事や育児を手伝ってくれる

食器を洗ったり子どもをお風呂に入れてくれたり、これらも夫婦分担で役割を決めていると当たり前だと思いがちですが、あなたが少しでも楽になるように、いつも感謝しているよとの気持ちから手伝ってくれるもの。

 

自分も仕事で疲れているけれど、早く家事を終わらせて子どもを寝かせて、あなたとの時間を作ろうとしているのです。

 

言葉やスキンシップ

駅までの送り迎えなど、ちょっとした事にも「ありがとう」と言うのは本当はきっと、大げさに「ありがとう!愛してる!」と言って抱きしめたいのです。

でも、恥ずかしいから「ありがとう」の5文字にギュッと凝縮しています。

 

スキンシップも同じことが言えますね。

プライドが邪魔して素直になれないけれど、心の底からちゃんと愛してる。このように、思っているのです。

 

旦那様の言葉を「なんで、そんなこと言うんだろう?」と注意して聞いてみたら、たくさんの裏返った愛情に気がつくのではないでしょうか。

 

プレゼントとサプライズ

「コンビニに寄ったついでに、プリン買ってきたからどうぞ。」こんなお土産をもらったことはありますか?

まさか「なんだ、プリンか。アイスが良かったな」と返事していないでしょうか。

 

わざわざあなたの笑顔が見たくて、「これなら喜んでくれるかな」と買ってきてくれたのです。

何をしてくれたかではなく、しようとする気持ちに焦点を当てると気持ちが見える。

 

限られたお小遣いの中であなたのために労力を使い、精一杯のプレゼントをしているのです。旦那様の愛情をたっぷりと感じてください。

気持ちがなければ、なにひとつもらうことは出来ません。また、愛情を受け取るだけではなく旦那様にも送ることで、さらに、自分に返ってくるようになります。

 

参考:夫婦で贈りあうプレゼント!選んで嬉しいペアグッズ♡それとも個性派?

 

時間を作ってくれる

休日はゴロゴロと寝ていたいもの。そんな中あなたや家族との時間を作るのは、大切に思っているからにほかなりません。

集中したい時やストレス解消も1人になることで効果があるものですが、家族との関係を優先するというのは、大切にしている証拠。

 

「あたりまえ」と見過ごしそうになりますが、じつは、違います。

人混みが苦手なのにショッピングに付き合ってくれた、ゆっくり寝たいと言ってたのに朝早くから子どもと遊んでくれた、など思い当たることはありませんか?

 

これは、自分の事情よりも大切に思うあなたが喜ぶことをしたい、という愛情が行動になったものです。

 

毎日仕事をする

行きたくないな...という日も中にはあるもの。それでも毎日毎日働いてくれます。仕事上の責任感もあるでしょうが、何よりも愛する家族のためだから頑張れるのです。

 

生活するうえで安定した収入は欠かせないですよね。転職や欠勤ばかりだと、心配でご飯も喉を通らず、心から笑うことができなくなります。

お金がないと気持ちに余裕がなくなるので、優しくもなれないし、ユーモアもアイデアも浮かびません。

 

だから、家計を任せられて不自由なく必要なものが買える、というのは大きな大きな愛情に包まれていると言えるのです。

 

参考:旦那との相性占い♡人知れず悩む日々はもうイヤ!自分だけの解決策とは?

 

そんなこと言っても、やっぱり不安は消えない...という心配性なあなた。

自分で気持ちをコントロールできると良いのですが、どうしても不安が消えないという場合は、不安にならなくてもいいように対策が必要です。

 

なぜなら、思考は現実化すると言われているので、不安が望んでもいないネガティブな現実を引き寄せてしまうからです。

こんな時はうまくいった人から学ぶのが一番なので離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法をクリックしてみてください。

 

✩まとめ✩

 

いかがでしょうか?「あぁ、これはある!」というものも含まれていたのではないでしょうか?全て当たり前ともとれる些細なことばかりです。

つまり、「愛情を感じられない」と夫の表現力を嘆く前に、あなたの感じとる力を磨く必要があるということ。

 

『普通ならこうだ』という固定観念を捨てると、感じとるアンテナの感度が上がるのでオススメ。せっかくの旦那様からのサイン。漏らすことなく受け止めて、不安や卑屈になることなく愛され上手になりましょう。

 

参考:旦那の愛情チェック!愛されてる実感がなくても愛情を確かめる方法とは?

 

ここまで読んでくださりありがとうございます。⇩ポチっと応援して頂けたら嬉しいです。

 

にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ
にほんブログ村

 


結婚生活ランキング

スポンサーリンク

Pocket