Pocket

スポンサーリンク

    

 

体力がついていかない時はしんどいなぁ。夫婦生活はいつまであるんだろう。。。?求められて悪い気はしないけど正直言って面倒だ。

夫婦生活が嫌いでなくても、このように感じることはあるのではないでしょうか?

 

拒否ばかりしていたら浮気が心配になるし、夫婦仲がぎくしゃくして悪くなるのは嫌ですよね。

年齢を重ねると体力は落ちていくし、女性ホルモンの分泌が減り濡れなくて受け入れることが辛い場合もでてきます。

 

でも結論からいうと「いつまで」はなく、気持ちがある限り続く。

「え?そんなの嫌だ!」と思うかもしれません。しかしながら、食欲や睡眠欲がなくならないように、同じ三大欲求である性欲もなくならないのです。

 

なにも激しく求めあうだけが全てではありません。夫婦のカタチにあったスキンシップを探せるといいですよね。

今回は夫婦生活はいつまであるのか?という疑問についてお話しします。

 

参考:旦那としたい!旦那がしたくなる方法とは?旦那が求めてこない理由とは?

 

 

スポンサーリンク

 

夫婦生活はいつまで?受け入れたくない時の対処法

 

正直めんどくさいのよね~。。。と思っていても実際にまったく夫婦生活がないと、浮気にはしられるのではないかと心配したり、断ったことがきっかけで夫婦仲がぎくしゃくして気まずくなるのは嫌ですよね。反対に、いざ自分がしたい気分の時に誘いにくくなるということもあるでしょう。

 

つっけんどんに返事をするのではなく、旦那様が「仕方ないね」となるようにやんわりと断ることが鉄則。

なぜなら、夫婦生活は断りたいけど夫婦仲が悪くなるのは望んでいないから。そんな小さな気遣いが大きな意味をもちます。

 

体調のせいにする。

腰が痛い、おなかが痛いなどの「今ひとつになると辛い」ということをアピールしてみましょう。

生理痛を理由にする時は、周期を覚えている旦那様もいるので気をつけて!

 

以前、風邪をひいて「移したら悪いから」と断ったことがありますが、「風邪を俺に移したら、おまえは治るよ!」との返答で断れなかったことがあります。

優しさのようで、自己中心的なこじつけに感じて「早く終われ~!」と無になっていたら、「マジで嫌だったの?ごめん」と謝られました。

 

「嫌よ嫌よも好きのうち」と勝手に解釈してたようです。このように、はっきり断らないと伝わらない時にも、「今日は体調が悪いから静かに寝たいな。」など自分の要望として伝え、旦那様の存在そのものを否定しないこと。

 

時間のせいにする。

「もうこんな時間だから、あした寝不足で困るよ」と、旦那様の体を気遣いながら断ってみましょう。

「今日は無理だけど、週末は大丈夫!」と変わりの案を提案すると、旦那様も不満を抱えることなく、お互いに心づもりできますよ。

 

ただし、洗濯や洗い物といった家事をしている間はいいですが、スマホやテレビで布団に入る時間が遅くなったとあれば通用しないかもしれません。

断るためにわざと時間をつぶしていると知ったら、拗ねたり怒ったり、お互いに嫌な気分になるので注意が必要。

 

参考:旦那とエッチがマンネリ。解消してもう一度夜の営みを楽しむ方法とは?

 

スポンサーリンク

 

夫婦生活を楽しめるようになる方法とは?

 

スキンシップは関係を保つうえで重要な役割があります。スキンシップ=夫婦生活だと考えられることが多いようですが、そんなことはありません。

ほかにも旦那様が喜ぶスキンシップはあるもので、旦那様が喜ぶスキンシップ!ラブラブ夫婦になる為の3つの方法とは?という記事でご紹介しています。

 

挿入にこだわらない。

毎回は面倒だけど、たまには愛されたい時もあるし、女として終わるのは嫌だ!

このように女性としてのプライドは何歳になっても手放したくないもの。

 

夫婦生活を楽しむために少しの工夫をすることで、濡れなくて痛いなどの性交痛が喜びに変わり、旦那様も喜ぶとしたら嬉しいと思いませんか?

挿入に焦点があって、前戯から挿入して、後戯という流れが多いですが、挿入にこだわらず体温を楽しむのです。

 

ギュッと抱き合うけど触っちゃダメ!とかキスだけしようとか、くっついて体温や鼓動を感じる。旦那様とゆっくりくっついていたら、心が満たされて自然と「その先が欲しい♡」と受け入れられるようになります。手をつないで寝るというのも、ドキドキを高めてくれますよ。

 

女性は気持ちがないとセックスできないので、旦那様のペースに合わせるから気持ちがついていかず、受け入れられないのです。

旦那様の腕の中で、日々の不満や苛立ちがあたたまって和らぐのを待てば、あとは本能に従うだけ。

 

夫婦の営みが3回から1回に減ったとしても、その分内容が濃いくなると、ただ面倒なだけの義務ではなくなります。旦那様もあなたも楽しみながら夫婦の時間を過ごすことができるでしょう。

 

年齢とともに「面倒だ・義務だから」と感じているのは女性だけではありません。男性も同じように感じていたり、EDなど体の面で悩んでいることも少なくないのです。挿入にこだわらなくてホッとするのは、あなただけではないかもしれませんね。

 

テクニックを磨く。

ベッドでは男性にリードして欲しいと思っていますか?このように思っている女性は少なくありません。

しかしながら、あなたがリードするのも悪くないものです。というのもマンネリになりがちな「いつもの流れ」が変わりとても新鮮になるからです。

 

旦那様を虜にするとおあずけ状態となり、行為を断ることも焦らしになるので遠足を楽しみにする子供のように、待ってもらうことができるということ。

つまり、角をたてずに断れるのです。そして、あなたの都合で誘えばいいので精神的な負担は軽く、楽しむ余裕ができると期待できますね。

 

夫婦のスキンシップは関係を保つうえで大切な潤滑油。どうせ続くなら、お互いに気持ちよいと思える幸せな時間にしたいところ。

ワンランクアップした夜の時間を過ごすために、テクニックを身につけることは身だしなみと同じくらい大切なのです。

 

だからといって、学校で習うものでもなく、恥ずかしくて誰かに聞けることでもありません。勉強のためと思ってもお店でレンタルすることさえ勇気がいります。だから、家に届くDVDなどがあれば嬉しいですよね。夫婦のスキンシップと、あなたのために、必要なラブテクニックがギュッと詰まったアイテム。

 

スキンシップで満たされることで、幸せホルモンが活発に分泌されてあなた自身も若々しくなるので、テクニックだけではなく一石二鳥なアイテム

夫婦のスキンシップはいつまで続くんだろう...という、憂鬱な気持ちも吹っ飛ぶにちがいありません。むしろ、夫婦の楽しみになります。

 

実は、そんな風にテクニックを磨いて旦那様を虜にするDVDがあるんです。しかも、自分もきれいになって夫婦仲も深まるという嬉しいおまけつき。

こちらから確認できるので、もし気になる方はクリックしてポチっと注文してみてくださいね。中身がバレないように届くので、安心して注文できるところが嬉しいです。



ラブタイムの秘密の48テクニック収録★HOW TO SEX DVD【LOVE48】

 

✩まとめ✩

 

いかがでしたか?今回は、夫婦生活が嫌な時の対処法と、ゆったりとした夫婦生活を楽しむ方法についてお届けしました。

性欲は3大欲求の中の1つなので、生きている以上多かれ少なかれあるものと考える。

 

ただし、「今日は食欲ないからご飯いらない」と同じように断ることができる。言葉には気をつけること。

まだまだ夫婦生活があるなら、楽しい時間になる方がいい!話し合いもしながら、心地良い形を探してみてくださいね。

 

参考:夫に愛されていないからレス?旦那が求めてこなくなった理由をなくしたい!

 

ここまで読んでいただいてありがとうございました。

もしお役に立てたなら⇩ポチっと応援して頂けたら嬉しいです。やる気スイッチon!

 

にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ

にほんブログ村

 

結婚生活ランキング

スポンサーリンク

Pocket