Pocket

スポンサーリンク

 

母としてではなく1人の女性として愛されたい。
子どもも大切だけど夫と2人の時間を楽しみたい。

 

母になると自分のことは後回しになり、思っていても行動できず時間だけが過ぎていく。そして気がつけば、旦那様との間に温度差があって寂しい...なんてことはありませんか?

 

子育て中は気づかないフリをして、一緒に暮らしていけるかもしれません。ですが、その後はどうなるでしょうか。
今は少しの温度差が、のちのち熟年離婚になる可能性すら秘めているのです。

 

愛され妻には共通した特徴や習慣としていることがある。
夫との関係をより良くし、未来へと続く安心で穏やかな幸せを引き寄せられるとなれば、目指さない理由は見つかりませんね。ぜひ、じっくりと読んでみてください。

 

参考:旦那との相性占い♡人知れず悩む日々はもうイヤ!愛と自信を取り戻すには?

 

 

愛され妻になるための習慣と特徴

 

夫を尊敬する

心から尊敬してますか?もしすぐに思い浮かばない場合は、旦那様と出会った頃をのことを思い出して、どうして好きになり、結婚したかを思い出してみましょう。

 

性格や特技など、尊敬できるところはたくさんあるはずです。見つけたら、言葉や態度で旦那様に伝えてみましょう。
人は、自分を尊敬してくれる人に対して優しくなるもの。

 

仕事も決して楽しいことばかりではないですね。毎日朝起きて仕事に行く、これだけでも十分に尊敬できるでしょう?

 

自分磨きを頑張る

あなたはいつもきちんと身なりを整えていますか?
旦那様の会社関係や子どもの学校関係など、周囲の人からの評判が良いあなたであれば、旦那様も鼻が高く【はなしたくない】と思うようになります。

 

結婚生活が長くなれば、遠慮も恥じらいもなくなり、だらしがない姿を見せてしまうことが少なくありません。
しかし、男性は褒められたいもの。自分磨きをして、あなたが褒められることで、直接的にも間接的にも旦那様に喜んでもらいましょう。

 

すると、あなたの為に頑張ろうと張り切ってくれる。
旦那様の喜びが優しさとなり、それがまたあなたの喜ぶこととなって返ってくるという好循環が生まれます。

 

愛情料理を心がける

忙しくても旬の食材を取り入れたり、目でも楽しめるように盛り付けを工夫したりしてみませんか?
胃袋を掴むと良いと1度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

献立を考える場合は好き嫌いだけではなく、季節を楽しめる旬の食材や、その日の体調や気温にあった食事を心がけるといいですよ。
ご飯がおいしいと家にまっすぐ帰って来たくなるもの。

 

炒め物は食べる直前に調理するとか、汁物は温め直すとか、ちょっとしたひと手間で旦那様にあなたの愛情が伝わります。

 

気持ちを言葉で伝える

長く一緒にいるとだいたい気持ちは伝わります。ですが誤解を招くこともあるので、過信は禁物。
分かってるだろうと思うことを、あえて言葉にされると嬉しいもの。

 

「愛してる」の愛情表現だけではなく、「おはよう」などの挨拶や「お疲れさま」と労う言葉も、大切にしたいものですね。
気持ちを言葉にすることで、確実にあなたの気持ちをを分かってもらえて、更にコミュニケーションが生まれます。

 

「甘えたい」を受け入れる

いつも一生懸命に働いてくれて、しっかりして頼りになる旦那様であっても、必ず甘えたい時はあります。
嫌なことがあった時、ホッと一息つきたいときなど、あなたの存在が旦那様の癒しとなる。

 

ギュッとして欲しい・膝枕をして欲しい、など甘え方はそれぞれですが、旦那様は安心して心が軽くなります。
1人の時間を欲するようなら、それもまた受け入れる。

 

そのためには、自分の聞いてほしい気持ちばかり優先しないで、旦那様の表情や雰囲気に気配りすることが重要です。

 

依存しないで自立する

『旦那様が一家の大黒柱』という家庭が多いようですが、頼りきり任せきりでは負担が大きく、良くないものです。
重要なことは必ず相談し、そうではないことは自分で判断してみる。

 

その分仕事に集中できて、帰りが早くなるかもしれませんね。いずれにしても、旦那様に『おんぶに抱っこ』ではなく持ちつ持たれつの関係が理想です。

 

我が家は、ここぞという時は頼りにしていますが、普段は共働きでワンオペです。最初からアテにしないので自分のペースで物事を考えることができ、気楽なので気に入っています。

 

常に笑顔を心がける

家に帰ってきた時に「おかえり」とあなたの笑顔があれば、旦那様の疲れが吹っ飛び、くつろぎモードのスイッチが入ります。

挨拶をされて嫌な気持ちになる人がいないように、笑顔を向けられて嫌な気持ちになる人はいません。

 

あなたから先に笑顔を向けることで、旦那様もあなたに笑顔を向けてくれるようになります。
あなたが「自分は家庭の中の太陽だ」と自覚すれば、明るい空気を家に呼びこむことができるでしょう。

 

「笑う門には福来る」という諺があるが、その通りである。

 

物事をポジティブに考える

生きていれば当然ながら、辛いことも悲しいこともあります。将来の見通しが不安で、眠れないこともあるでしょう。

でもそんな時こそポジティブに。なぜなら、マイナス思考のままでいたらマイナスの空気しか生まないから。

 

必死な時ほど「大丈夫、なんとかなる」くらいの気持ちがちょうど良い。
焦っても大事なことを見失ったり、進む方向を間違えたりするので、冷静さを取り戻すきっかけにもなりますね。

 

4人目がお腹にいた頃、旦那様は1時間ほどかけて電車通勤をしていました。給料日に会社の飲み会があり、飲まされ過ぎて、電車でゆらゆら気持ちよく寝てしまい、手渡された給料まるまる電車でとられる結果に。

 

生きた心地のしない1ヵ月だったのですが、今となっては笑い話です。困難に思えることも振り返ってみれば、だいたいなんとかなるものです。
なんとかなる!とポジティブに考える癖を身につけよう。

 

1人の時間を許す

男性は悩みがあるときなど1人の時間が必要になるものです。喫茶店でもパチンコでも、息抜きの時間をプレゼントしてください。

ひとりになりたいときは誰にだってあるが、男性は特にあるもの。

 

女性は、気の合う友人とおしゃべりすることが、ストレス解消となることが少なくありません。

しかしながら男性は、そうではありません。1人の時間をプレゼントすることで、旦那様の頭の中もすっきりするはずです。

 

夫を肯定する

夫婦とはいえ元は他人なので、考え方や意見の違いはあるもの。夫の意見や考えを、まずは肯定してみましょう。

 

もし反対の意見がある時は「あなたはこう考えるのね」と、一度受け入れて理解しようとするする姿勢を見せましょう。
その後で「でもね」と自分の気持ちと理由を伝えることで、頭ごなしに否定から始めるよりも、衝突を避けて話し合えるようになります。

 

たくさんお伝えしましたが、どうしてももう一度好きになってほしい、愛されたいと強い想いがある方は7つのステップでもう一度好きにさせる方法をクリックしてみてください。

 

✩まとめ✩

 

いかがでしたか?人の気持ちは移りゆくもの。

しかしながら、このような習慣を身につけることで、「やっぱり結婚して良かった」と愛情を減らすのではなく育てていくことができます。

 

あなたも愛を育てる習慣を身につけて、5年後・10年後そのまた先も、「いつも仲がいいね」と憧れられるような夫婦になりませんか?

 

参考:夫婦間の愛情を取り戻す方法とは?あわせて自分の自信も取り戻したい!

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。

お役に立てたら⇩ポチっと応援して頂けたら嬉しいです。

 

にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ
にほんブログ村

 


結婚生活ランキング

スポンサーリンク

Pocket