Pocket

スポンサーリンク

    

 

夫

ごめん。今日も帰り遅くなる。

妻

また...?

 

更に、ご飯を作ったあとに、ご飯いらないと言われたら「もっと早く言ってよ」となりますね。

このように、夫の連絡をきっかけにイライラが増えたという経験は、あなたも一度はあるのではないでしょうか?

 

しかしながら、同じ内容の連絡をうけても、ストレスに感じる方と感じない方がいます。

できるなら、なるべくストレスを感じることなく過ごしていきたいですよね。

 

そのために必要な、ストレスの受け止め方をお話しますので、あなたの参考になれば嬉しいです。

 

参考:夫婦喧嘩の原因を作らない!対立を避けるコツとは?

 

 

旦那の帰りが遅い!そんな時イライラとストレスが減るコツとは?

 

イライラを抑えるコツ

まず一番大切なことは、連絡がきた時一呼吸おいてから返事をするように心がけること。

イライラする気持ちをそのまま返すと、旦那様もイライラさせてしまいます。

 

最初の会話のように「私も大変なのに!」と返事をすれば、「俺も仕事で大変なんだよ!」となりますね。
だから、不機嫌になっても、そのまま不機嫌な気持ちを出さないこと。

 

「お疲れ様。」と始めに労いの言葉を一言そえると、ずいぶんと印象が柔らかくなると思いませんか?

お互い疲れているので、できるならケンカは避けたいところ。

 

どうしてもイライラしているまま返事をするのなら、必要最低限の「おつかれさま、分かった。」くらいにしましょう。

なおかつ、声のトーンはいつも通りが望ましいですね。

 

声のトーンで、「怒ってるの?」「べつに。」から言い合いになることもあります。

ケンカにエネルギーを使うのはもったいない。自分のイライラは、自分で解消できるようになりましょう。

 

私は単純なので、子どもが寝てから旦那様が帰って来るまでの間のお菓子とコーヒーが、自分の機嫌を取る必須アイテムです。

洗濯機に「干してね」と呼ばれるまでの貴重な1人の時間。静かな時間。贅沢な時間。

 

1人の時間を大切にすることで、かなりイライラは解消します。

子どもたちのことは大好きだけど、1人の時間が欲しい!!

 

ちなみに、あなたの時間がお金になることを知っていますか?

あなたの知識や技術を30分単位で売って「ありがとう」と喜んでもらうことができます。

 

そんな楽しみが見つかれば、「旦那の帰りが遅い日はお小遣い稼ぎができる時」とイライラせずに過ごせるのではないでしょうか。

反対に、条件が合えば誰かの時間を買って、お手伝いを頼むこともできます。

 

無料で売りに出すことが出来て、あなたの時間が売れた時にだけ手数料が発生する仕組みです。無料でユーザー登録だけでもしてみようと思われた方は【タイムチケット】から登録できます。

 

ストレスを減らすコツ

諦めることも必要と知る。

すべてにおいて我慢して、諦めるということではありません。「ここだけは譲れない。」というポイントを明確にしましょう。

 

そのポイント以外は柔軟に対応できるように。

ポイントが少なければ、「そこだけは気を付けよう」と旦那様も具体的に、あなたに協力しようとします。

 

それを、ポイントがあれもこれもとなっているから、面倒になってしまうのです。

妻

共働きになったら家事は半分こして欲しいな。

 

夫

食後の洗い物くらいは頑張るよ

妻

それなら、帰ってくるまで食器は置いておくわ。ありがとう。

 

その結果、まだかまだかと、旦那を待つことがストレスに。

そのまま旦那が帰れないとなると、朝からまたは夜遅くから、食器洗いを始めることになります。

 

「もう...やるって約束なのに!」ともっとイライラしていました。

ある時ふと、分担してアテにするから裏切られた気分になって腹が立つんだと気がついたのです。

 

【押し付けたのではなく自分から、すると約束したのだから、絶対にしてもらわないといけない!】と執着していました。

しかしながら、その約束こそがお互いのストレスの原因だったのです。

 

その執着を捨てることで、待たなくてもいいし、次の日の朝困ることもなくなりました。

旦那様も「ごめん。でも、助かる。」とのことで、お互いが楽になりました。

 

休日もそうです。父親なのだから休日くらいは、子どもと遊んだりして関わるべきだと、私は考えていました。

旦那に聞かれたことがあります。

 

夫

俺はいつ休めるの?

専業主婦をしていた時は、こんな感じでした。

妻

私も365日24時間ずっとずっと休みなんてないわ。家事はエンドレスだし、夜泣きはするけど寝坊できないし、自分だけ休みたいなんて、ズルいよね?

 

このように本気で思っていました。「主婦だって大変」だと分かって欲しかったから。

「昼間ゴロゴロ寝てるくせに」ではなく、「頑張ってるね」と言われたかったのです。

 

旦那様に分かって欲しい、旦那様に認めて欲しいというのが根っこにあった。

それが自分も正社員になったら、休日くらいは休ませて!と180度変わりました。

 

平日は毎日朝からバタバタして、とにかく時間に追われて、金曜日の夜の開放感ったら!!

 

結局は、自分中心です。相手の立場になったつもりで考えることはとても大事だけれど、やっぱり体験しないとわからないということ。

だから家事を分担してしまうのではなく、先ほどお伝えした我が家の、旦那に対してのポイントを作ることにしました。

 

・完璧にできなくても文句は受け付けない。許してね。

・家庭が揺らぐような出来事があった場合の砦になって。

 

このように決めてからは、育児休暇で2年休んだ時も、旦那に家事を求めることはなくなりました。

求められないから逆に悪いと思うのか、不思議と洗い物をしてくれる日が増えました。

 

実は、増えたと感じただけなのですが、それはなぜか...。

約束に縛られている時は、できてない日ばかりに目が行ったから。できない日が多すぎて、洗い物をしてくれる日がないに等しいと感じていたのです。

 

約束がなくなってからは、してくれる時にだけ目が行くようになったので、増えたと感じ感謝も増えた。

 

まぁるい玉の方が、金平糖のような形よりもよく転がりますよね。

ルールを作るということは、金平糖になっていくということ。

 

転がれないとお互いに窮屈で仕方ありません。だから、譲れないところだけで良いのです。

 

参考:旦那との相性占い♡人知れず悩む日々はもうイヤ!愛と自信を取り戻すには?

 

✩まとめ✩

 

いかがでしたか?

仲直りで悩む前に、そもそものケンカを避けること。そして、自分だけが損している、大変なんだという思いにとらわれないこと。

 

長いようであっという間の子育て期間。どんなに大変でも笑って話せるようになる日が必ずきます。

大変な経験は財産であり、あなたの温かさや強さへと変わる。子育てが終わるころには、更なる魅力が溢れていることでしょう!

 

参考:夫の浮気をチェックする自分が嫌。本当はどうなの?信じたい!

 

読んでくださりありがとうございます。⇩ポチっと応援して頂けたら嬉しいです。

 

にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ
にほんブログ村

 


結婚生活ランキング

スポンサーリンク

Pocket