Pocket

スポンサーリンク

   

 

「夫婦ってなんだろう?結婚する意味ってなんだろう?さいきん夫婦のあり方が分からなくなってきた。。。」

不満を抱えていたり悩みがあると、ふと考えるときがありますよね。

 

幸せな未来を誓って結婚しているのに、3組に1組は離婚するという現実です。では、うまくいく夫婦とうまくいかない夫婦は、何が違うのでしょうか?

お互いに我慢が足りないから?いいえ、我が家の場合はまったく反対だと言えるでしょう。

 

結婚して15年以上が過ぎていった、我が家の場合の夫婦のあり方も考えてみました。ジェットコースターのように激しく落ちるし急カーブはあるし、退屈する暇がなかったのですが、なにかお役にたてるところがあればと思ったので、興味を持ってくださった方は読んでいただけると嬉しいです。

 

今回は、夫婦円満のあり方についてお話します。

 

参考:夫婦円満の秘訣と心得!妻が心がけたい夫婦円満の心得3つとは?

 

 

夫婦円満な夫婦のあり方のポイント5選!

 

ありのままを受け入れること

夫婦の関係でいちばん大きなポイントは「ありのまま」で暮らせることではないでしょうか?付き合っているときは、お互いに100点満点のところだけを見せていられるかもしれません。

 

しかしながら、まいにち同じ空間で過ごすとなれば、常に100点でいることは、隙を見せられないということなので苦痛でしかありませんね。どこか背伸びして100点を作っていたのなら、「期待通りにしていないといけない」と思い込んでなおさら苦痛になってくるでしょう。

 

私は旦那のことが特別好きなタイプではなかったので、出会ったときから「鼻炎だから」とつねに全力で鼻水をかむ女でした。旦那は「ありえない」と思っていたそうですが、自分の実価以上に取り繕っていなかったことが、のちの結婚生活にはプラスになったと感じています。

 

いま少し背伸びしているなら、少しずつありのままの自分をだしてみるといいかもしれませんね。自分に対して完璧を望むあまり知らず知らずのうちに、自分とおなじように旦那様にも100点を求めていませんか?

 

家庭でくつろげず、居心地が悪く感じられるようになったら、外にやすらぎを求めるようなりますよ。

「へぇ~。こんな一面もあるのか。」とありのままを受け止めて個性だと考えると、嫌な面もそんなに気にならなくなるのではないでしょうか?。

 

参考:旦那との相性占い♡人知れず悩む日々はもうイヤ!愛と自信を取り戻すには?

 

どうすればできるのかを考えること

離婚原因のひとつに性格の不一致というものがあります。「不一致」とは一致しないこと、ぴったり合わないこととなっています。

最初から、性格は違っていて当たり前だと思っているので、我が家には「性格の不一致」という言葉はでてきません。

 

性格が違うからこそ、考え方も違います。「あ、そんな考え方もできるんだ!」と視野が広がるのでありがたいと感じています。

旦那は、私が枠にとらわれて解決策を見つけられないとき、気持ちいい程いとも簡単に枠をこわしてくれます。

 

たとえば、電車の乗り換えを間違えてしまって、大事な待ち合わせに遅れそうになったとき。慌てて時刻表を見ても 次の電車まで20分待ちで、どう悔やんでも間に合わないのです。

 

半分泣きながら、 「どうしよう。。。」と旦那に電話したら「大丈夫だから、まずは落ち着いて」とのこと。いったん電話は切れて、またすぐにかかってきて、「次の電車に乗って、その先をバスではなくタクシーに乗ったら間に合うから」と調べてくれていました。

 

バスは本数が少ないので、タクシーは助かるのですが目的地まで距離もあり、金額が5000円ほどかかります。どうすればできるかを考えていなければ、「間違ったお前が悪い」「お金がかかるのに」と責められ、よけいに焦っていたかもしれません。

 

「そんなことが聞きたくて電話したんじゃない!」とケンカになったかもしれません。目的に対して手段や方法ではなく、どうすれば目的を達成することができるか?と前向きに考えることが大切なこと。

 

正直でいること

信用は財産だと言いますが、本当にそうです。どんな言いにくいことも相談して話し合いながら進んできました。

相談がうわべだけなら、時間の無駄使いだったことでしょう。しかしながら、いつも本音なのでとても有意義な時間ばかりでした。

 

普通だったら言いにくくてごまかしたり、ハッキリと言わないかもしれないという事を、素直に言うところを見ていると信じられる人なんだと感じるようになります。仕事で帰りが遅い・帰れないということが続いても、嘘だとは思いません。

 

「これ、お父さんには内緒。」と母がよく言ってましたので、反面教師的なところがあるかもしれません。「内緒」と聞かされて、嬉しいサプライズならいいのですが、そうではなく「言えばいいのに」と子どもながらに心配でした。

 

ただ、信用を作る時はコツコツと積み重ねが大事ですが、もしも噓をついたとしたらどうなると思いますか?

言うまでもなく、一瞬でガラガラと積み上げた信用は崩れ落ち、もういちど積み上げる時は最初の何倍も時間が必要となるのです。

 

正直にいられるので、裏表などを作る必要や我慢する必要がなく、とても気が楽で家庭でのストレスが少なくなることが嬉しいですね。

 

適度に放置すること

たまに旦那様の行動を「1から10まで知ってないと気が済まない」という方がいます。私はそんなに執着がなくて、束縛をするのもされるのも嫌いなのでざっくりで良いと考えています。

 

たまには1人の時間も必要ということで、それもまた、おもいやり。男性は追いかけられるよりも追いかけたいという本能があり、何も聞かなければ「聞いて」と自分から話しかけてくれます。

 

たまに「俺にそんなに興味がない?」と子どもたちに嫉妬していますが、逆にこのくらいがちょうどいい距離感なのです。

つまり1から10ではなく、ざっくり大枠を聞いてポイントだけ知っておくということ。

 

お互いにミステリアスな部分があるから、夫婦生活が長くなっても新しい発見をすることがあり良い刺激になりますよ。

旦那様を束縛してしまうと逃げたくなるので、逆効果。実は、放置することがいちばんの束縛かもしれませんね。

 

思いやりをもつこと

感謝とおもいやりが根底にあるからこそ、生活のリズムがすれ違っていても単身赴任でいなくても、やってこれたのだと感じます。

「あたりまえ」だと思われていたら、心が折れていたこともあるでしょう。「しかたない」と言われたら反発したくもなったでしょう。

 

そうではなく「ありがとう」という言葉に支えられてきました。言葉だけではなくこまめに、ちいさなお土産があるので口だけではないんだと、愛情を感じます。それもまた、返事は「あたりまえ」ではなく「ありがとう」で。

 

だいたいコンビニのアイスやプリンなどが多く、お風呂上りや寝る前のほんの数分ですが夫婦の時間に花を添えてくれます。私は反対に、旦那が早く帰れるという日は、「せっかく家でゆっくるできるなら」との思いから、お刺身やローストビーフなど旦那の好きなものを用意します。

 

ごく普通のあたりまえのことでも、思いやることができなかったら行動には表れないということ。

こまめなプレゼントが苦手なら誕生日や結婚記念日だけでなく、クリスマスやいい夫婦の日など、世間のイベントに合わせると贈りやすいでしょう。

 

参考:夫婦で贈りあうプレゼントに迷ったときのランキング!定番から面白いものまで

 

✩まとめ✩

 

いかがでしたか?今回は、夫婦が円満にいるためのあり方をお届けしました。

結婚したからといって、自動的に夫婦円満コースを歩めるわけではないといえます。

 

つまり、どちらか一方だけが頑張って努力するのではなく、お互いを思いやりながら2人で築きあげていくものだということですね。

すぐに変わることはなくても「継続は力なり」です。振り返った時に、縁側の陽だまりのようにじんわりとあたたかい絆を感じられることでしょう。

 

もしも、あなたが今の夫婦関係に悩んでいるならぜひとも、あなたから愛情と思いやりをもって変わってみてください。

人を変えるにはまず、自分から。きっとその先には望む未来が待っています。

 

参考:夫婦間の愛情を取り戻す方法とは?あわせて自分の自信も取り戻したい!

 

ここまで読んでいただいてありがとうございました。もしお役に立てたならやる気スイッチを⇩ポチっと応援して頂けたら嬉しいです。

 

にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ

にほんブログ村

 

結婚生活ランキング

 

 

スポンサーリンク

Pocket