Pocket

  

 

旦那は満足しているのかなぁ?もっと気持ちよくなりたい...。

している途中、終わって旦那の寝顔を見ながらなど、このように思うことはありませんか?

 

女性だって性欲はあるので、恥ずかしいことではありません。ごく自然なこと。とはいえ、スッキリしている旦那の横でモヤモヤしていたら悲しくなりますね。幸せな時間になるはずが、ストレスしか感じません。

 

こんな夫婦の時間がマンネリ化すると、女性にとっては嬉しくない時間なので不満がたまり、レスにもなります。

じつは、テクニックを磨いて夜を楽しむ努力をすることは夫婦仲を保つうえでも重要なことなのです。

 

今回は、なぜ重要なのか、どのように学ぶといいのかについてお届けします。

 

ラブタイムの秘密の48テクニック収録★HOW TO SEX DVD【LOVE48】

 

テクニックを学んで夜を飽きさせないメリット5選!

喜びを共有できる。

して欲しいと待つのではなく、自分から動くこともアリなのです。先に満たすことができたら、返報性の心理が働き、結果として自分も満たされます。満たされていたら、目移りする必要がないので浮気の心配もないです。

 

ちょっと恥ずかしいことになったり、照れる時もあるのではないでしょうか。自分しか知らない部分を見つけて愛おしさが増え、絆も深くなります。

 

幸せな気持ちになる。

信頼できる旦那とのラブタイム。だからこそ、内容によっては嫌悪感を感じたり幸せを感じたりと、感情が揺れます。気持ちまで満たされるエッチは「旦那大好き」の気持ちを増やすもの。

 

夫婦の時間が幸せを感じるものであれば、セックスレスにはならないし、夫婦の絆を深めるのです。愛される自分に自信がもてるので気持ちも前向きになり魅力的。若い子には勝てない...なんて思うこともなく安心です。

 

身体が軽くなる。

適度な運動になるので体の中からリフレッシュ。満足感を感じ、精神的にも身体的にもすっきりします。さらに、しあわせホルモンが分泌されて、ぐっすりとよく眠れるのです。

 

安心を感じ、心も体もリラックスできる状態で、質の高い睡眠がとれるとなれば、体が軽くなるのも納得。

 

レスにならない。

学校では避妊について少し学ぶくらいで、お金やエッチのことなど学びません。嫌らしいとされて知識がないままです。とはいえ、夜の夫婦の時間は人間の三大欲求のひとつで大事なこと。

 

生理的なもので完全に欲求がなくなることはありません。だからこそ、レスは離婚につながる大きな問題となりうるのです。旦那が喜び自分も喜ぶ、ステキな時間となればレスの問題は起きづらくなります。

 

キレイでいられる。

受け身でいるのではなく、自分も動くとなれば考え方も積極的になります。たとえば、お腹周りを引き締めたいとか、もう少し体を柔らかくしたいなどです。

 

つまり、「母」という一面だけではなく「女」としての自分も意識できるようになるのでキレイでいられます。

食後のプリンを我慢するとか、ほんのちょっとしたことの積み重ねがこの先の1年後を変えるのです。

 

☆まとめ✩

 

いかがでしたか?どこにも後ろめたい気持ちを感じることはないのです。なぜなら、旦那にとっても嬉しいことだから。ちょっとした工夫で、何倍も気持ちよく感じることがあります。ぜひ、学んで旦那を虜にしてみて。

 

あなたの笑顔は、旦那を笑顔にして子供も笑顔にします。そのカギはあなたが握っているのかもしれません。

ただし、「突然どうした?」と不倫を疑われることのないようにだけお気をつけくださいませ。



ラブタイムの秘密の48テクニック収録★HOW TO SEX DVD【LOVE48】

Pocket