Pocket

スポンサーリンク

    

 

また、お小遣いちょうだいって。。。。あるわけないじゃん!

このようなことで、夫婦で言い合いになったことはありませんか?

 

生活をするうえでの必需品、お金。価値を表すツールとしてみんなが使っているもので、1円でも足りなければ、商品を手にいれることはできませんね。夫婦で暮らしていくうえで、お金の話しは避けては通れないのです。

 

夫婦でお金の話ができないと、夫婦間のお金の管理をめぐって、しばし喧嘩になることがあります。

できれば、お金のことで喧嘩はしたくありませんよね。今回は、お金での衝突を避けるためのコツをお届けします。

 

 

ライフプランをたてる。

 

ライフプランとは、一生を通しての設計図のこと。

人生のなかで、子どもの入学や卒業などの予定や、進学にともなう費用、マイホーム資金などの大きな支出について目に見えるように整理します。

 

手書きで表を書いて作ることもできますが、「ライフプラン」と検索窓に打ち込むだけで、ライフプランの無料シミュレーションをしてくれるアプリやFP協会や銀行協会などのサイトがたくさんありますので活用すると簡単に調べることができます。

 

ライフプランをたてることで先の見通しが立ち、いつまでにいくら必要という、家庭にあった必要貯蓄額が分かるのです。

つい目先のことに心を奪われがちですが、「マイホーム」や「長女の大学進学」など、貯蓄の目的がハッキリと分かっていれば我慢も苦になりません。そのため浪費を抑えることになります。

 

そして、目標を共有することで、仲間意識が芽生え絆が深まることにつながるのです。頑張ろうというモチベーションを保ちやすく、夫婦円満に貯金していくことができるでしょう。

 

ちなみに、貯金を増やすコツは先取りにすること。

どういうことかと言うと、残りを貯金に回すのではなく、固定支出と同じように、先に貯金の分をとってしまうのです。

 

このように順番を変えるだけで、劇的に貯金ができるようになりますよ。

 

納得できる管理方法を選ぶ。

 

結婚してからの収入は、旦那の収入のみ・共働き・副業ありなしなど働き方に選択肢がありますね。

そして、家計を管理する方法も3パターンに分かれます。

 

旦那様が妻に生活費を渡して、後は旦那様が管理する場合。

反対に妻が管理して、ぜんぶ給料を預りお小遣いとして、旦那様に渡す場合。

 

必要な経費をお互いに出しあって、残りは自由という共同管理の場合。

どんな方法でも、メリット・デメリットあるのですが、ただひとつ。共通している大切なことがあります。

 

それは、お互いがその管理方法に納得できているということが大前提になることです。

いくら素晴らしい管理方法があったとしても、自分達にあった方法じゃなければ続けることができません。

 

だから、納得感をもって続けられることが大切なのです。

 

いつでも報告できるようにしておく。

 

どちらかが管理している場合、管理していない方はお金の流れが分かりません。分からないことはストレスにつながります。

だから、いつでも共有できるように準備しておきましょう。そして、せめて年に1回は確認し合う機会を作るのがオススメ。

 

信頼関係があると、喧嘩にはなりにくいものです。たとえば旦那の収入で妻が管理している場合。

旦那様が生活費を把握していなければ「これだけ稼いでいるんだから、もう少し小遣いが欲しい」と簡単に言えます。

 

収支が分かっているあなたからすれば、「もう!無理に決まってるでしょ!」と怒りたくなるかもしれません。

しかしながら、そのまま怒って伝えたところで、「何に使ってるの?なんでないの?」とあらぬ疑いをかけられたり、不満をぶつけられたりするでしょう。

 

そうなると、多くの場合喧嘩になります。だから、いつでも収支が目で見えるようにしておく必要があるのです。

先ほどのように、お小遣いあげてと言われても数字を見ながら理論的に説明をすると分かりやすくなりますね。

 

ここで注意すべきこと。

大丈夫だとは思いますが、絶対に「あなたの給料が低いから無理よ!」なんて批判的に言ってはいけません。

そして、使い道をシドロモドロになって説明できない。。。。なんてことになるのもダメです。

 

たった一度でも、一瞬で永遠に信頼を失いかねませんからね。

 

我が家の夫婦円満なお金の管理方法。

 

我が家の場合は、私が家計を預かっています。初めてライフプランを作った時は、10年以上毎年つづく入学・卒業に笑ってしまいました。

しかしながら、細かいことは苦手なので、通帳記入して引き落とし明細を見たり、ざっくり食費をつけるくらいです。

 

ただ、なにか聞かれたらすぐに答えられるように気を付けています。共働きですが、生活は旦那の給料のみ。そうすることで、普段は単身赴任でいないパパの存在を身近に感じられるよう子どもたちにアピールしています。

 

「このゲームソフト欲しい!」とか、「ピアノ習いたい!」などの希望はすべてパパに聞いてと伝えます。

生活できるのはパパのおかげと教えることで、父親に対しての尊敬を持っているようです。

 

私の給料はないものとして、全部貯金に回します。もしもの時や、家族のレクリエーションに使うこともあります。

旦那はお小遣い制で、使い道については一切知りません。タバコや飲み代以外で何か買うときは、いつも一言「買っていい?」と聞かれます。

 

私も何か買うときは買っていい?と聞くようにしています。お互いにダメと言うことはほとんどないので、確認という意味合いだけですね。

でも、この事前の確認は大きな意味があると思っています。

 

妊娠や里帰りの時に、家計を預けたところ大変だったようで私が預かることになりました。納得感と透明性があれば、喧嘩にはなりません。

いちど旦那の借金が発覚して大変な想いをしてからは、クレジットカードを持つのをやめたのですが、毎月の返済に追われることがなくなり、気持ちがとても楽になりました。

 

生活費が足りない時は、ローンにしよう、と頼りたくなることもあるかもしれません。しかしながら、結局は借金と同じなので、支出で抑えられるものがないか、根本から見直すことが必要だと学びました。

 

☆まとめ☆

 

いかがでしたか?今回は夫婦円満なお金の管理方法についてお届けしました。

 

・ライフプランをたてる

・お互いに納得のいく管理

・いつでも透明な収支

 

この3つのポイントを意識してみてくださいね。そして、貯金の基本は先取り。お金はないと困ることもありますが、夫婦間の信頼関係があれば何度でも立て直せます。まずは、うまくお金の流れをつかんで、ストレスを減らし喧嘩がなくなれば嬉しいですね。

 

大好きな旦那様と愛する子供たちのために、お金と上手に付き合っていきましょう。

 

参考:旦那の気持ちを確かめる方法!旦那の本心がわからない時も安心したい。

 

ここまで読んでくださりありがとうございます。ポチっと↓応援してくださると嬉しいです!

 

にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ

にほんブログ村

 

結婚生活ランキング

スポンサーリンク

Pocket