Pocket

スポンサーリンク

 

いつ見かけてもラブラブな人たちは、なんであんなに夫婦円満で仲がいいんだろう。

幸せな結婚はゴールではなく始まり。子どもが生まれて家族が増えたり、旦那様の仕事で転勤があったり、卒業や入学など家族のイベントがあるとき、夫婦のカタチは変わりやすいものです。

 

なぜなら、新しい環境に慣れるまで子どもや自分のことでいっぱいになり、旦那様を思いやることがつい後回しになりがちだから。

期待もあるけれど不安もあり、些細なことでイライラしてしまうことも少なくありません。

 

そんな、状況の変化に負けず、ずっと変わらずに愛情たっぷりに毎日を過ごせたら幸せだと思いませんか?

幻想ではなく、実際にずっとラブラブな日々を過ごす夫婦もたくさんいますので、その秘訣を解剖してみましょう。

 

今回は、夫婦円満な妻の心得と言葉についてお届けします。

 

 

夫婦円満の秘訣!夫婦関係を円満にする言葉とは?

 

ここ日本には『挨拶言葉』と呼ばれる、「おはよう」、「ありがとう」、「ごめんなさい」など人と人との気持ちをつなぐ言葉があります。

仲の良い夫婦は、これらの言葉を使うことで物事がスムーズに運ぶということを知っているのです。

 

「おはよう」と目がさめて、「行ってらっしゃい」、「行ってきます」と1日が始まりますね。私は長らく生命保険にまつわる仕事をしていますが、不慮の事故や突然の病気で「行ってきます」が最後の言葉になってしまう方もいらっしゃいます。

 

それを知ってから意識するように心がけていて、喧嘩をしても、次の日まで絶対にもちこさない理由もそんなところから。

ありがとうは魔法の言葉です。ちょっとしたことでも、大きな感謝だと受け取って「ありがとう」と伝えてみてください。

 

ミラー効果とよばれる心理学で使われる言葉がありますが、『同調効果』のことで、親密な関係では相手と同じ動作をすることが多いと言われています。つまり、相手の感情や行動を真似するミラー効果によって、あなたの感謝が旦那様の感謝を呼ぶということ。

 

「ありがとう」と感謝することなんてない、という方は「ありがとう」と感じることを意識してみてください。

「今朝も目が覚めた、ありがとう」や「ご飯が食べれて幸せ、ありがとう」など日常のあたりまえがトレーニングになるでしょう。

 

そして、旦那様が帰ってきたら「おかえりなさい」とにっこり。この7文字わずか3秒が、家に帰って最初に感じるホッとする瞬間です。

帰りを待って、1日の頑張りをねぎらってくれるあなたがいるとなれば、寄り道せず、真っ直ぐ帰りたいと思うのが男心。

 

大人がきちっと挨拶言葉をつかえていたら、自然と子どもも身につきます。人の心をつなぐ魔法の言葉を家族みんなで当たり前に話せたら、家の中は春の陽だまりのように、明るい柔らかな雰囲気になるでしょう。

 

あなたも魔法の言葉をあやつってみてくださいね!

 

参考:夫と仲良くしたい!夫婦円満になるために必要な考え方とは?

 

夫婦円満な妻の心得はやっぱりコレ!

 

思いやりとは、他人の心情や身の上などに心を配ることや、その気持ちのことをさします。また、その人の身になって考える推察して気遣うという意味があります。相手の立場になって考えられることが、家庭の中のキーマンとして、あなたに求められること。

 

よく勘違いして、「これをしてあげた、あれをしてあげた」という方がいます。でも、ほんとうに旦那様は喜んでくれていますか?

ただの自己満足に終わっていませんか?思いやりというのは自分がしてあげたいことではなく、相手が望むことをするもの。

 

おなかが空いている時にお風呂をすすめられても嬉しくないし、おなかがいっぱいの時に食事をすすめられても嬉しくありませんよね。

私ならおなかが空いたら温かいご飯をモリモリ食べたいし、おなかがいっぱいになったらフカフカの布団で寝たいです!

 

その時その時で、最適なタイミングがある。相手に矢印をむけて、どう思っているのかなと、考えてみてください。

パズルのピースがピタッとはまるように、タイミングが良いからこそ押し付けではなく、相手の喜びに変わるもの。

 

ところで、人にはパーソナルスペースという、他人に近づかれると不快に感じる『退陣距離』というものがあります。一般的には女性より男性の方が広いとされているので、あなたがくっつくことが旦那様には自分の空間を侵されて不快だという場合があるのです。

 

気持ちによっても範囲は変わるので、旦那様のまとう空気から今日はそっとしておく方が良いというのを汲み取ってください。

旦那様のことを考えて1人の時間を作ってあげる、それもつまりは、思いやりですね。

 

喜びがつみ重なり、信頼がうまれ、やがて「君しかいない」とゆるぎない愛情に育ちます。

ちょうど、ひとつぶの種から芽がでて蕾がふくらみ花が咲き、実がなるように、時間とともに豊かな実りをもたらしてくれる。

 

ずっと仲の良い夫婦は、お互いを思いやることがとても上手です。

「自分だけがしてあげてばかり...なんでこんなに不公平なの?」なんてことにはなりません。

 

自分がさきに与えることで返ってくる感謝が、本当の幸せだと知っている。『してあげている』と自覚している人は、自己満足だけで本当の意味で、思いやりをもって与えていない場合が多い。

 

もしも「耳が痛い!」という方がいたら、矢印を旦那様に向けて考えるように意識を変えてみてくださいね。

家族の中だけではなく、すべての人間関係において大事なことだと思いませんか?きっと、あなた自身の成長につながるでしょう。

 

参考:夫婦間の愛情を取り戻す方法とは?あわせて自分の自信も取り戻したい!

 

☆まとめ☆

 

いかがでしたか?幸せになりたいという方がいますが、あなたの心次第ですからね。

「あぁ~!今日も幸せだ!」「ありがとう」とポジティブにいきましょう!

 

言葉を味方につけて思いやりのある態度で内なる気持ちはしなやかなポジティブ、と心得ていればどんな山あり谷ありでも乗り越えていけます。なぜなら、私がそうして山も谷も乗り越えてきたから。

 

夫婦円満に日々を積み重ねようと思ったら、うわべだけじゃ絶対に無理ですからね。あなたの幸せな生活を応援しています。

 

参考:旦那との相性占い♡人知れず悩む日々はもうイヤ!愛と自信を取り戻すには?

 

読んでくださりありがとうございます。⇩ポチっと応援して頂けたら嬉しいです。

 

にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ
にほんブログ村

 


結婚生活ランキング

スポンサーリンク

Pocket