Pocket

スポンサーリンク

 

事務的な連絡ばかりで、そっけないLINE。寂しい...。子どもがいてバタバタとはいえ、もう少し夫婦の時間も欲しいな。

旦那ばっかりずるいと無性に虚しくなったり、本当は浮気をしてたらどうしようと不安になったりすることもあるのではないでしょうか。

 

昼間はお互いに忙しいから、せめて夜は「1日の出来事を話したりしながら、ゆっくりと夫婦の時間を過ごしたい」と思いますね。

けれど、残業だの飲み会だの、帰れない理由ばかりが並んでいて、がっかりすることは少なくありません。

 

しかしながら、がっかりが続くと、もしかしたら自分が悪いのではないかと不安になって、自信をなくしてしまいませんか?

 

  • 出産を機に、お腹のたるみなど体型が変わってしまい、本当はもう魅力がないのではないかと怖い。
  • 産後の骨盤のゆるみで締まりがなくなり、気持ちよくないからしたくないと思われているのではないかと不安。
  • 母になり「おばちゃん」だと笑うけど、それは本心で、もう愛されていないのではないかと不安。

 

じつは以前、自分が悩んでいたことです。交友関係や経済面での今ある生活を手放したくない、旦那のことも子供のことも大好き、子供から父親を奪いたくない、親を悲しませるのも嫌、こんな気持ちがありました。だから、離婚だと言われたらと、とても不安だったのです。

 

自分に自身が持てないと、積極的になれなくなって、だんだんと出かけることが嫌になっていきました。子供たちは外遊びが大好きなので、家にいるとストレスがたまる。だけど、出かけることは私のストレスになる。どちらにしても、イライラしてしまって自己嫌悪に

 

こんな母親では家庭の中が暗くなって、子供たちにも嫌われて、旦那からも嫌われてしまうのではないか...。

このようなことを考えては、さらに自信をなくしていくという状態でした。

 

また、よそよそしい態度になってしまって夫婦喧嘩になり、心配そうな子どもの目に見つめられたこともあります。

なんとなくモヤモヤする気持ちから素直になれず、寝る時間をずらして一緒に寝るのをやめて、レスになったこともありました。

 

多くの場合、こうなると悪循環におちいり、状況を変えることが難しくなってしまいます。

つまり、このままでは離婚も考えなくてはいけない状況になっていくということ。

 

 

しかしながら、先ほども伝えたように離婚はしたくなかったのです。

でも、旦那の態度に「もう愛されていないのではないか。」と勝手に不安になっては、自信をなくしていました。

 

出産は経験したし、年はとっていくし、短気になったような気がするし...。

ヤバイ、愛される要素がない?こんな気分になって、落ち込みます。年は取りたくないものですね。

 

笑顔が減って、家の中の空気が重くなって「なんとかしたい!」と焦りはじめた時に、筋トレに出会いました。

ただの筋トレではありません。インナーマッスルを鍛えるトレーニングで、女性としての魅力を高めるものです。

 

女性としての魅力を取り戻すことができるということは、自信も取り戻せるということ。

自信がないと、笑顔は少なくなるもの。家庭に笑顔がないと、遅かれ早かれの差はあっても離婚につながることが多いです。

 

「夫婦円満のために妻に変わらずいて欲しいこと」「やっぱり嫁が大好きだ!と感じる瞬間は?」のアンケート調査で笑顔は堂々の第1位。

 

無理やり笑う必要はないですが、それほど笑顔は、関係を良好に保つうえでのエッセンスだということ。

笑顔は関係を深めるために欠かせないもので、かわいく魅せることができたり、幸福を感じることができるものなのです。

 

反対にまったく笑顔がなければ、居心地の悪さを感じてしまうことになりかねません。

夫婦になっても3組に1組は離婚すると言われています。結婚は永遠の愛の誓いなんかではないのです。

 

 

子供が小さいから、今は仕方がないと、分かってくれてるよね。」と、女性としての魅力が少ない言い訳に甘えたいところです。

しかしながら、残念なことに、伝わらないことも少なくありません。

 

子供に手がかかるからと、つい自分のことは後回しになりがちです。オシャレより、動きやすく洗いやすい服を好むようにもなりますよね。

それでも、可愛いママたちを見ては、なんで私はこんな格好してるんだろうと、惨めな気持ちになるものです。

 

大変さを理解せず「子供を産んで、かまってくれなくなった。一気におばちゃんになった。」という旦那様もいるのは事実。

そんな中で笑顔さえなくなってしまったら、夫婦として成り立たなくなるのは、あなたも想像がつくはずです。

 

ですが、子供を産み育てて、子供が成長したら夫婦の関係も終わりとなってしまっては、なんと虚しいことでしょう。

そうであるなら、移り変わる時間の中でも揺るぎなく愛され続けるための努力は必須ではないでしょうか?

 

そもそも、男性は古来から獲物を追いかける本能が備わっているので、愛されるよりも愛したいのです。

手に入ったと安心させるのではなく、他に誰かいるのか?と心配になるくらいの方が、男性にはちょうど良いのかもしれません。

 

 

 

愛される続けるための努力なんて、大げさで面倒くさそうですよね。子育て中にそんな時間はないと、聞こえてきそうですね。

しかしながら、にっこりと笑顔を作ることも、愛され続けるための大切な秘訣なのです。

 

そして、ご飯を作りながら・テレビを見ながら・お風呂に入りながらできる、こんなトレーニング法なら出来ると思いませんか?

何かをしながらでもいいので、1日たった10分なら、あなたも続けられるはず。続けるとどんなことが考えられるでしょうか。

 

  • インナーマッスルを鍛えられるので、筋肉がつき代謝が上がり、いつもと同じ生活なのに体重が落ちやすくなる。
  • 筋肉を鍛えることで締まりが良くなり、若い女性に負けない体になるので、旦那様はあなた以外考えられなくなる。
  • 鍛えることで感度もアップして、自分も体の芯から悦びを感じて潤うようになるので、性交痛がなくなり楽しみになる。

 

これは、わずか10分の簡単トレ―ニングを続けることで、あなたが得られるメリットです。

だから、ポッコリお腹を気にすることがくなり、自分の体型に自信を持てるようになります。

 

自分に自信が持てると、性格も前向きになり楽観的な考え方ができるようになるので、笑顔が増えるのです。

あなたの笑顔は、子供だけではなく旦那様にも「ホッ」する癒しを与えています。

 

そして何より、出産経験ありだとは思えない締めつけを手に入れられるので、「旦那は気持ち良いのかな...。」と不安になって、夫婦の時間が楽しめないということもなくなります。

 

その結果、あなたの姿に旦那様はますます興奮して、決して退屈な時間にはならないでしょう。

そうであれば、わざわざ若い女の子の心配をしなくても、「お前がいちばん。」となるものです。

 

旦那様の愛情も、理想の体型も一度に手に入れる方法。それが、膣トレ

なんのグッズも使わずに、キュッと膣に力を入れるだけでトレーニングはできます。

 

しかしながら、時間や回数、強さなどがよく分からなければ、効果も分からず続けることができません。

膣トレとは、インナーマッスルを鍛える筋トレ。継続してこそ意味があるのです。

 

1日わずか10分で、自信が持てて笑顔が増え、旦那様の愛情をつなぎとめることができます。

なおかつ夫婦の時間は、お互いに求めあう甘く濃厚なスキンシップの時間として、楽しむことができるのです。

 

インナーマッスルを鍛えることで、理想的な体型に近づいていくと期待ができます。

くしゃみをする時にお腹に力が入って膣が飛び出てくるとか、尿漏れするといった、女性にとってデリケートな問題も回避できるのです。

 

膣トレが筋肉の衰えをストップして、マイナス10歳の体を実現してくれます。

まいにちトレーニングを続けることで、効果を実感できるでしょう。

 

申し込みは、ネットで簡単にできます。限定だから、お早めに!なんてことはありません。

しかしながら、後回しにすると忘れるものなので、やはり早い方が良いでしょう。

 

はやく、キレイも気持ちイイも手に入れたいですよね。努力はあなたを裏切りません。

 



デリケートゾーンのエクササイズ!


なにより、早く効果を実感できることで、あなた自身も嬉しい変化があるはず。

「さいきん、パパとママ仲がいいね!」と子どもに嬉しそうに言われて、旦那様と目をあわせてにっこりとする日も近いかもしれない!

 

 

いかがでしたか?フーンで終わらせるのも、実際に行動するのもあなた次第。だからこそ、忘れる前に始めましょう。

1日でも早く始めると、早く効果を実感できるようになります。

 

モヤっとした日々は、もう終わり。

愛され美ボディは、たった10分の積み重ねで、あなたも手に入れることができるのです。そして、デリケートな悩みからも解放されます。

 

いますぐ始めて、愛情も体型も思い通りに。そして、女としての魅力と自信を身につけて、かがやき続ける女性でいたいものですね。



デリケートゾーンのエクササイズ!

ここまで読んでくださりありがとうございます。

もし、お役に立てたなら↓ポチっと応援して頂けると嬉しいです。

 

にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ

にほんブログ村

 

結婚生活ランキング

スポンサーリンク

Pocket