スポンサーリンク

 

Asaです(*´▽`*)

訪問してくださりありがとうございます。

 

「ちょっと、早くして~!」「ゲームは終わりっ!」など毎日にぎやかに、楽しくバタバタしています。早いもので結婚してから17年以上もの月日が流れ、1歳の可愛い赤ちゃんから反抗期を終えた高校生まで、7人の子宝に恵まれました。

 

育児休暇が終わり、すっぴんでダラダラと過ごしていた日々が嘘のようです💦

毎日子どもたちの一言や行動に、癒されたり怒ったり。飽きることがありません。

 

夫とは今も一緒に寝るし、たまにはお風呂も一緒に入る。時間があれば2人で食事やデートにも行きます。

子どもたちからも「パパとママ仲良し」とよく言われます。

 

我が家のうまくいく秘訣としては、旦那をないがしろにしないこと。つまり優先順位は1番。

拗ねると面倒だというのもありますが、家ではゆっくりくつろいで欲しいし、父親としてドーンといて欲しいから。

 

しかしながら、最初からずっとラブラブな夫婦を続けていたわけではありません。長い間には、「もう無理!!」と離婚届を手にしたこともありました。

旦那のお給料だと思っていたお金が、実は借入金で数百万円の借金ができ、激務で母子家庭状態なのに3人年子で、転勤で数年おきに引っ越し...。

 

という状況で、精神的に負担が大きく、離婚届を手にしたのは1回だけではありませんでした。

「子どもたちに何を食べさせよう。」「あ、ガス代...。ガスとまってる...。」

 

ガスが止まったのが夏だったので、冷たい水のシャワーも初体験。「頭を冷やす」とはよく言ったもので、意外とスッキリした記憶があります。

でもやっぱり寒いし、お風呂はお湯が良いと思いました。

 

当たり前って幸せだなぁと、しみじみ感じたりもしましたよ。

結婚をきっかけに、ジェットコースターみたいな人生の初体験ばかり。不安で眠れないことがあるんだと知ったのもこの頃。

 

旦那の仕事柄、朝が早く夜は遅いので、平日に旦那と接する時間はほとんどありません。建設業ですが、奥様が寂しさに耐えられず離婚するご夫婦も少なくない業種とのこと。今は単身赴任で、子供ともあまり関わることがありません。でも、子供たちは皆パパのことが大好き。

 

普通なら離婚もありえるらしい、我が家の日常。私の『なんとかなるさ(⋈◍>◡<◍)。✧♡』と雑草のような、ポジティブ根性が旦那や子どもたちを支えています。だからこそ、ひとつひとつ困難の壁を打ち破り、借金を返し収入を増やすことができたのだと感じています。

 

そして生まれた家訓、『明るく、楽しく、おめでたく』

どうせなら、楽しい方がいいですよね!

 

離婚しなくて良かったと感じるときは、子どもたちの笑顔で癒されるとき。「あの時離婚していたら、この子の笑顔には会えてないなぁ♡」

それから旦那に「今があるのはおまえのおかげ」と言われるとき。決してそんなことはなくて、2人で頑張ってきたんだけど静かに照れることにしています。

 

なんだかんだとあったからこそ、絆が深くなったなと感じることもあります。「離婚はいつでもできる。だから、もうちょっとだけ頑張ろ~」と思いながら、いつの間にか夫婦仲が良くなっていました。夫婦円満でいたいあなたへ、そんな日常の小さなコツをお届けします。

 

家庭のなかでの母親という役割はとっても大切。

あなたが笑顔で過ごせるようにお役に立てたら嬉しいです!!

 

なんといっても、あなたは家庭を照らす太陽だから。

外で嫌なことがあっても、あなたの笑顔で癒されるもの。

 

ちょっとした工夫や気持ちの持ち方で、世界は変わるものです。

せっかくだからあなたも、いつもの毎日を楽しみましょう(*^^*)

 

楽しむための心の持ち方をメルマガ配信でお届けしています。

あなたが毎日笑顔で過ごせますように!!

 

スポンサーリンク