Pocket

スポンサーリンク

 

なんで私ばっかり我慢しないといけないの...!?あなただって父親のくせに!

夫婦の時間が 長くなると、気心が知れて遠慮もなくなり、些細なことからケンカになることが少なからずありますね。

 

ケンカを通して、相手の本音を知ることができる場合があります。なぜなら、感情的になっているときは冷静な判断が難しくなる分、本音が出やすいから。

つまり、ケンカの仕方によっては夫婦の絆を深めるとも言えるのではないでしょうか?もちろん壊れることもありますが。

 

結論から言うと、真正面から受けて立つのではなく、すこしずれることで夫婦げんかを減らすことができるということ。

今回は、夫婦げんかになることが多い理由と解決法を見てみましょう。

 

参考:夫婦げんかは嫌だ。原因と避けるコツを知りたい!ケンカを避けるには?

 

 

夫婦げんかの原因ランキング!

 

  • 第1位 お金に関すること(27,8%)
  • 第2位 コミュニケーション不足(23,3%)
  • 第3位 生活そのものに関すること(22,7%)
  • 第4位 子供に関すること(17,1%)
  • 第5位 性格の不一致(16,5%)

 

第1位はお金に関すること。

やっぱりという気分になりますが「お金」ですね。お金がないと心にも余裕がなくなり、笑えなくなるのです。我が家も以前は、よくありました。

どうやってガス代払おう...、ご飯の献立は何しよう...。何をするにもお金が必要です。「おなかすいた」と子どもの声で憂鬱な気分になったことも。

 

苦労して考えてやりくりしているのに、「タバコ買うからお金ちょうだい」とか、お弁当の文句を言われるとイラッとしていました。出かける時も、「ちょっとくらい歩いたらいい」と考える私と「タクシー!」という旦那。

 

子どもが小さいからと、私と子供のためを思ってのタクシーなのですが、家計で困るのは私なので、自分に向けられた優しさであっても素直に喜べないという悲しさ。「お金=生活そのもの」だから。

 

付き合っているときは、プレゼントをもらったりご飯を食べに行ったりしても「嬉しい~!」と、ちょっと贅沢くらいにしか思っていませんでした。

それが結婚して家計が同じになると、なんでもない日の贅沢は「もったいない」と無駄なもの扱いに変わってしまうんですよね。

 

旦那様にとったら、付き合っている時と同じ行動をしているだけなのに、なぜか嫁の機嫌が悪い...と不思議に思うでしょうね。

「ケチケチしてごめんよ」と内心は思っているけど、旦那の給料に文句を言わず、頑張ろうとしているからこその不機嫌だと分かって欲しいところ。

 

お金に対して価値観は違うかもしれませんが、特別な日はケチケチしない、パチンコは何円まで、などルールを作ると毎回ケンカをしなくて済みます。

我が家はお小遣い制で、足りなくても追加であげられないけど、使い道は旦那様の自由で干渉しないことにしていました。

 

第2位はコミュニケーション不足。

実は、「言った」「言ってない」と些細なことから口論になることが少なくありません。

大事な話をスマホ片手にとか、洗い物をしながら聞き流していませんか?

 

せめて、返事をする時くらいは顔をみましょう。手を止めなくても、視線の移動だけで印象はグッと良くなります。意識を持って視線を動かすので、聞き漏らすことがなくなり、言い合いになることも減るのではないでしょうか?顔を見て会話をすると、ちゃんと聞いてくれていると感じられますね。

 

コミュニケーション不足は、スキンシップ不足をまねきます。そうなると、家庭内別居や浮気などの可能性が高まり、夫婦関係に深刻な亀裂をいれることになりかねません。無関心になってしまうとコミュニケーションをとる必要がなくなってしまいます。

 

そうならないためにも、日頃のコミュニケーションは大きな意味があるといえる。

 

参考:夫婦間でコミュニケーション不足!会話がない原因と改善方法とは?

 

第3位は生活態度に関すること。

旦那様が疲れて仕事から帰ってきたのに、部屋が散らかってたりしませんか?

散乱した部屋は視覚からの情報があふれて、落ち着かずイライラしやすくなるのです。

 

「なにも言わない、怒られないから大丈夫」と甘えていたら、ある日突然、離婚を切り出されたということもありえるのです。甘えすぎていたり、旦那様をお尻に敷いていたりしていませんか?ダラダラしすぎて「俺ばっかり頑張ってる」と嫌われないように注意が必要でしょう。

 

片付けが苦手な女性は少なくありません。しかしながら、風水では部屋や水まわり、とくに玄関が散らかっていると悪い気が溜まりやすいとされています。

家をキレイに保つことが家族の運気をあげると思って、掃除を楽しむことを強くおススメします。

 

参考:夫婦円満!風水によるリビング作り&夫婦の営みレスに効く風水!

 

第4位は子供に関すること。

しつけに生活リズム、習い事や進学のこと、いろいろと夫婦の意見が分かれることもあるでしょう。しかしながら、子育てに正解はありません。お互いが子どものことを思うからこそ、対立したり意見がぶつかったりするのでしょう。

 

夫婦で対立するのではなく、「子ども本人はどうしたいのかな?」というところにポイントをおくと、スムーズに話し合いができるのではないでしょうか?

子供も自分のことでケンカをして欲しくはないでしょうね。子を思う気持ちは同じなので、ゴールを同じにすることで歩みより安くなるはずです。

 

参考:夫婦喧嘩の解決法。仲直りまでの道!離婚は子供のためにも嫌だから!

 

第5位は性格の不一致。

同じ親から生まれ育った兄弟姉妹でさえ、性格の不一致からのケンカはあるものです。もとは他人の夫婦ならなおさらでしょう。

性格はそれぞれに違っていて「あたりまえ」ではないでしょうか?

 

ケンカをするのではなく、性格が違っているからこそ補い合えると考えてみてはいかがでしょうか?我が家は、旦那がとても短気で私はついていけません。

でも、だからこそすぐに決断が必要な時はとても頼りになります。

 

逆に旦那がイライラしている時に、私と話すと「まぁ、良いか」と落ち着けるそうです。

性格の不一致を嘆くのではなく、それぞれの良さを磨くようにすれば、絆も深まりお互いを認め尊敬し合える、無敵の夫婦になれそうですね!

 

参考:旦那の気持ちを確かめる方法!旦那の本心がわからない時も安心したい。

 

✩まとめ✩

 

いかがでしたか?今回は、夫婦げんかになる理由として多いものをまとめてみました。

すこし視点をずらすだけで、ほとんどのケンカは避けることができると思いませんでしたか?真正面から受けて立つ必要はないということ。

 

夫婦げんかは適度なやり取りであれば、本音を知ることができたり、絆を深めたりと夫婦関係のスパイスとして役立つでしょう。

しかしながら、度を超えてしまったら修復するのはなかなか難しい。ケンカも楽しめるくらい、心に余裕があると良いのかもしれませんね。

 

あなたが旦那様と仲良くできることを願っています。

 

参考:夫婦喧嘩のあと仲直りできない!謝りたくないけど長期化も嫌な時は?

 

ここまで読んでいただいてありがとうございました。もしお役に立てたならやる気スイッチを⇩ポチっと応援して頂けたら嬉しいです。

 

にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ

にほんブログ村

 

結婚生活ランキング

スポンサーリンク

Pocket